451のミニベロ

ミニベロで、雨の心配のない日の自転車通勤や、週末のサイクリングを楽しんでいます。
それから、雪のシーズンには山でテレマークスキーをしたりもしていましたが、このところは古墳めぐりが大好きになりました。
※ 2008年11月 に「OCNブログ人」で始めたブログですが、そのサービス終了のため 2014年10月 こちらに移ってきました。

TOEI ミニベロ

ドロヨケ・自作マッドフラップ(3)

先日、友人K氏から「ネジが一個ないよ」と指摘を受けておりました。

家で直そうと思って、とりあえず残った一個のネジを締めなおして、

帰ってきたのでありますが、そのことはまるですっかり忘れておりました。

それから数日後、マッドフラップが取れて無くなっていることに気が付いたのでありました。

うーみゅ。

73f9bdd2.jpg

■ゴーンした状態。

 頂いた2.5mm厚の上等な小さいサンプル革で作り直しました。

 ドロヨケ・自作マッドフラップ(1)
 ドロヨケ・自作マッドフラップ(2)

 

42d59bdf.jpg

■厚紙を切りながら形のチェック。

 

f18c3e4f.jpg

■革にカット線を描いてから切り出し。

 

77a90198.jpg

■前回は、三角フラスコのような形でしたが、今回は長丸型。

 いわゆる手榴弾型であります。

 

6f424801.jpg

■穴開け。カット線も消しゴムで消します。

 最初に書いた中央縦の線は、力が入りすぎたので跡が残ってしまいました。

 

6d4c8843.jpg

■実際にセットしてみてチェック。

 

f3cc05ca.jpg

■裏側。ドロヨケの内側のエッジと合うように少し調整。

  

73622db8.jpg

■いったん外して、Proofideをたっぷり塗り込んで再組み付け。

 

0e5037f7.jpg

■完成であります。

 

445bcc9f.jpg

■使って様子見であります。 



リアのドロヨケの新調

リアのドロヨケの新調作業であります。

ccfec814.jpg

■新調前の状態。 新調するのは分割式のリアの後半部分であります。

 

5dfc93c6.jpg

■使うドロヨケは「H35 R244  20インチ1-1/8 半円 W35 D15 (F:550mm、R:715mm)」。

 今まで使っていたものと同じものであります。

 関連記事

 R244は、451タイヤの径よりも小さいので、写真のようにかなり無理があります。

 

cbe33ea1.jpg

■小さいドロヨケをムギュムギュと丁寧に絞り込んで、無理くり形を合わせます。

 もともと細めのドロヨケ(幅35mm)は、ここまで絞ると幅32mm程になります。

 このシュワルベ・デュラノは幅の実測が28mm。どんぐりの笠状態であります。うーみゅ。

 ロードライトのようなスリムな28-451タイヤであれば、おさまりがちょっと良いのでありますが。

 R244もしくはR255なら、ドロヨケは初期状態で幅40mmぐらいあると、

 こんな場合でも、無理がないかもでありますね。

  

8aa63118.jpg

■長さをチェックしてマーキングして、ピラニアでカットであります。

 

673378a5.jpg

■カットした状態。切断面をやすりで整えて。

 

eae393b3.jpg

■ドロヨケ分割金具のネジ位置にマーキングして。

 

a90ecd68.jpg

■今回は一本締めにするので、中心にマーキングして、

 5,5mmのドリルで穴を開けて。

 

4a3015c1.jpg

■一本締め。ダルマねじは本所の4mm真鍮。

 

55a9ca6d.jpg

■フレームのエンドダボに固定されている「だるまネジ」の角度を変えて固定しなおして、

 余分なステーをカットしてやすりで整えて終了であります。

 とにもかくにも、この新調作業で、雨の日の後続車にかける飛沫が減ることと、

 リフレクターを直に付けられることの2点がうれしいことであります。

 

 ■画像追加

bc372dd1.jpg


 

メンテ BBとかリアディレーラーとか

雪は降っておりますが、積もるほどではないようです。

BBとかリアディレーラーとかクランクとか交換しました。

d3ce7ac0.jpg

■TOEIストレートエンド

 ドロヨケの内側がきれい。年の初めに洗ってから、雨の中を走っていないのでありました。

 前回の同じようなメンテ

 

a5f3ced1.jpg

■左のセットは外したセット。クリーニング&オイルアップ済みの右のセットに交換。 

 外したパーツはそのうち掃除しながら傷んだところをチェックして、

 次の出番まで待機であります。

  

8f65ffd4.jpg

■クランクも交換。ロゴの残っている よそ行き きれいなほうであります。

 

6af1cf49.jpg

■違います。BBチューブの内壁です。

 ダウンチューブの穴の内側にもしっかり塗られたさび止め塗料であります。

 

d7612cea.jpg

■この部分って、いつ見てもなんか良いです。

  

2049cccb.jpg

■玉押し調整が必要なオクタリンクBBの場合に、使う工具は5本爪が安心のTL-FC31。

 右のマルチ1本爪でも作業できますが、これはとてもすごく緊張を強いられるのであります。

 しっかり締めたいBBで、力を入れる前後左右の角度にミスが許されない。

 TL-FC31を手に入れてからは、その緊張から解放されました。

 

36883085.jpg

■左右対称にアゴがたっぷり出たBBが好きです。

 かっちりくっきりの切欠き。切欠きの底はBBチューブ外面とツライチ。

 玉押し調整で何度かロックリングを締めたり緩めたりしながら組み付け。

 .....BBの組み付け、この作業で、私のメンテ満足度指数は85%ですが、

 このままでは乗れないので先に進みました。

 

1f5ab5e4.jpg

■ チェーンリングは継続。

 組み換えのために外したので洗浄しました。ピカピカであります。

 

ede9cb47.jpg

■ ピカピカであります。

 

■覚書

メーター距離15886kmでの交換作業。

・BB  BB6500 ->BB7700

・リアディレーラー RD6600 ->RD6600

・クランク FC6500 ->FC6500

・チェーン CN-7701 新品交換

・前後シフトケーブル、アウター、新品交換


ドロヨケのクリーンアップとギドネット

ドロヨケのクリーンアップしました。

前後綸ともアルプス金具を用いた分割仕様であります。ステーが付いている分割後半は、

洗うこともありましたが、フレームに固定されている前半はめったに外しませんので、

ドロヨケ内側には数年の汚れがついておりました。

外してクリーニング。

f62a52ea.jpg

66b4dda4.jpg

■革パッチもすべて新しく打ち抜いたものに交換。

 ドロヨケ本体もピカールで磨いて、ピッカピカ。気持ちがいいです。

 

664320f8.jpg

ee7deb8c.jpg

■タイヤをプリモ・チャンプ III スキンサイド に前後とも交換しましたが、

 さすがに1インチタイヤでありまして、高さも低いのであります。

 ロードライトEX用にセットされたドロヨケでは、スカスカであります。

 プリモの高さは、37.2mm。 ※リム(ALEXRIMS R390 Polish 24Hも含めて) 

 前回使用のミニッツライトは45.5mm。約8mmも高さが違います。円周にして約5cm。

 アパッチ酋長サイコン周長も変えなくちゃぐらいの差であります。

 面倒なので変えませんけれども。

 

 

■以下は昨年届いたギドネットであります。

cf2cf4d3.jpg

■リターンスプリングが付いているってことだけで買いでした。

 届いたその日、ほぉほぉ、これがリターンスプリングでありますかとか、

 ちょっと可動範囲が小さいのではないかいな?とかいじっていたら...

 

f3f6dc63.jpg

■リターンスプリングが外れてしまいました[E:crying]

 しばらくぐりぐりいじってやっとの思いで、もとに戻しました。

 

b333beae.jpg

■いさみやの ギドネットはダイアコンペに比べて横が3cm程長く、突き出しが5mm短い。

 日東のRB-018(390mm)に仮組みしてみましたが、バルジ加工されたハンドルでは、

 MAX奥に入れても長すぎて相性が良くないのであります。

 ハンドルを選ぶレバーでありますね。

 上部の幅が狭いランドナーバーに対しても長すぎる。 

 B105を仕入れてチェックであります。うーみゅ。

 

TOEI ボトルゲージとペットボトル

対応サイズ径が80mmのTOEI ボトルゲージと、

チェリオの700mlのペットボトルの相性について、前回記事にいたしました。

前回の記事

d5a1c6d4.jpg

■あぁなんてピッタリ。しかしチェリオ。

 今回はその続編 「ポカリスエットの900mlもピッタリなの」 であります。

 

b64aa0f8.jpg

■あぁピッタリ。

 チェリオに比べてフィット感は劣りますが、ガタガタ道でも落ちるようなことはありません。

 

d7ef1db6.jpg

■ペットボトルのくびれとゲージのかみ合いがちょうどいい。

 定番ブルーのラベルを隠さないアピールの強さ。うーみゅ。

 

189158af.jpg

■900mlというのは、通常ペットボトルの約2倍。たっぷり飲めます。

 なんといってもポカリ。サイクリストにとっては、チェリオよりはうれしいのであります。

 



ヘッドセット不調(2)と、ある日の通勤路(39)

ヘッドセット、開けてみました。

前回の記事

3fdeafba.jpg

■このヘッドセットはカートリッジベアリングなので、リテーナー用の「上下ワン」「上下玉押し」

 ではなく、ハウジングという名のケースでカートリッジベアリングを挟み込む構造であります。

 ハウジングに見た目のキズはなく、カートリッジベアリングも手で回してみても、

 特にあたりのようなものは感じられませんでした。

 ある程度、圧が無いと症状が出ないかもなので、再度組み直したりしてチェックしました。

 きつく閉めれば動きが渋くなるものの、同じ症状は再発しません。

 うーみゅ。でもやはり締め過ぎだと思うのでした。

 ヘッドががたつかない程度に 締めて、まんず様子見であります。

  

e6d632e6.jpg

■ブレーキケーブルの張りなおしなので、ハンドルを変えて気分一新もいいなぁとか。

 

52a3bd83.jpg

■バーテープもビリビリぎみなので、巻きなおそうとか。

 

cf966581.jpg

■それなら今度は何を巻こうかとか(といっても同じような色のストックしかない)。

 そんなこと考えつつ、TVニュースも見ていたら、雨は明日の朝早くやんで、通勤時間には、

 晴れて気温も上がるとのことだったので、とりあえず同じハンドルバーで、

 前後のブレーキケーブルだけ張りなおして調整してから、寝ました。

  

d4c6c6ea.jpg
e8114274.jpg

■インナーワイヤーを通すために、ブレーキレバー部分だけ剥がしたバーテープ。

 バラけないようにビニールテープで応急処置。今日はこの状態で自転車通勤。

  

54e99b3a.jpg

■お気に入りの通勤路。

 雨に打たれて散った桜。

 




ヘッドセット不調

ヘッドセットが不調であります。カクンカクンとするのであります。

しばらく前から症状が乗っていてもわかるようになっているのですが、

だましだまし使っておりました。新しいホイールを試したいほうが先立っていました。わはは。

79f408a2.jpg

■少し緩んだ状態での衝撃か、しめ過ぎかでありますが、

 あけてみてチェックする必要があります。

 

74d3d38c.jpg

■状態によっては、真ん中のシマノ600から、パーツ取りするか、

 左のTANGEのPASSAGE・DXに入れ替えてしまうか、

 注文だけしているTANGEのレビンを待つかであります。

 右の輪行ヘッド、TANGEのTGHC-1は使う予定がないです。

  

0c3eeda5.jpg

■ヘッドパーツのメンテするついでに、ハンドルバーをB135からB132に戻そうかとか、

 その場合、穴あけ加工しなくちゃだなとか、ビリビリ気味のバーテープを変えたいとか、

 キムラ製作所のピカピカエンドも欲しいなとか、ジルベルトーのきれいなエンドは、

 似合うのだろうかとかいろいろ考えていて、なかなか作業が始まらないのであります。

 でもヘッドのメンテは必要なのであります。うーみゅ。

フロントバッグの改修(2)

フロントバッグのキャパ以上の大きさの物を入れた場合、蓋が閉まらなくなりますが、

フックがもうひとつあれば、閉められるなぁとか考えて、付けてみました。

以前のフロントバッグの改修

以前のフロントバッグの補修

a45afc18.jpg

■矢印の先辺りに、新たにフックを付けます。

 

a098c42b.jpg

■ポンチで穴を開けてからカシメましたが、ずれました。

 まぁあんまり気にしないのであります。むー。

 

 ↓ 新たなフックの効果はありました。

1ce95473.jpg

993a5f0f.jpg

871c575f.jpg

■ネルソンロングフラップみたいな。うーん。

 サイドフラップが延長したサイドをカバーしてくれるので、

 激しい道じゃなければ、物が飛び出すこともなさそうです。


b50205dc.jpg

■にしても大きい。

 フロントバッグが走ってくる感じですね。

 エレファントマンってこんな感じだったような。うーん。

  

  

 

a261b21f.jpg

■今日もフロントバッグおじさんが話しかけてきました。

 あぁ、先日こぼした缶コーヒーのことか。 

 茶色だから拭きもしなかったら、染みになってますね。ごめんなさい、おじさん。





ドロヨケ・自作マッドフラップ(2)

先日のツーリングでいまいちだったマッドフラップは改良が必要です。

どうしようか、時々眺めては考えておりました。

ドロヨケ・自作マッドフラップ(1)はこちら

 

168c3db4.jpg

■地面からの高さ14cm。

 手っ取り早いのはこの革をもう少し長いものに交換することでありますが、

 相当に長くしないと、中途半端な改良で終わってしまうのであります。

 

e6811c77.jpg

■または、もともと、前後輪ともドロヨケ(ガード)が少し短いので、伸ばすために、

 予備を使って、分割機構を利用し、2セットで1セットを作るという手もあるけれど、

 予備は予備、そうそう手に入らない20インチのドロヨケ(ガード)は、

 ひしゃげた時の為にとっておきたいのであります。

 

933f3c45.jpg

■また、ドロヨケ(ガード)を伸ばしたとしても、前輪の場合、あと数センチがいいところです。

 赤線の外側に突起物があると、前輪を外して、フォークで自立させる時や、

 カーキャリアに載せる時に支障が出るのであります。

 結局、ものすごく長い柔軟性のあるマッドフラップを作って様子見という結論であります。

 しかし、見た目の問題もありますので、必要なときにだけ付けて、普段は外して携帯する。

 そんなことを考えて試作してみました。

   

 ef7d688e.jpg

■使ったのは、左の金色の革用の止め具。

 シルバーがいいのですが、2個そろっているのは金色しかありませんでした。

 右は、いままで革のマッドフラップをつけていた5mmの金具。

 革用の止め具は、ネジが細いので強度が心配でありますが、まずは試しであります。

 

2d357fb5.jpg

■革用の止め具を使って今まで使っていたマッドフラップを止めなおします。

 角を出したカタツムリみたいですが、そこは我慢。普段はこの状態。

 革のマッドフラップは、もう少し長いもので作り変えてもいいですね。これはそのうち。

   

8d9c19ea.jpg

■ゴムをカットして、ポンチで穴あけ。

   

8b810c0d.jpg

■試しに、2mm厚と1mm厚のゴムで2枚作ってみました。

 これで、ゴムの穴を、カタツムリの角に、ムギュっと差し込むだけです。

 取り付け、取り外しもワンタッチ。そう簡単に外れないと思いますが使ってみてですね。

  

91b09cbe.jpg

■1mm厚。

 かなりペニャペニャですが、薄いので、もし巻き込んでも車輪ロックはしません。

 

16124b32.jpg

■2mm厚。1mmに比べもちろん、コシがあります。

 それにしても、泣く子もだまる大きさです。うーむ。雨の日が楽しみであります。

    

d41d8b43.jpg

■普段は外して、フロントバッグのすそに入れて置けます。

 これでテストであります。








 

輪行 収納作業 詳細(2)

輪行 収納作業 概要はこちら

輪行 収納作業 詳細(1)はこちら

 

(4)エンド金具を取り付けて、縦に置く

20511ec3.jpg

エンド金具を組み立てます。

 

d0bb84f4.jpg

エンド金具を取り付けます。かなりきっちり締め付けないと立てた時に、

動いてしまうので、力が要ります。

立てたときの角度を考えて、少し下向きにセットするのがコツであります。

チェーンをチェーンフックに掛けておきます。

 

1e12367c.jpg

立てたときは、エンド金具と、サドル後端で自立しますので、

赤線の外側に突起物があってはだめです。サドルバッグはかなり大きめのものでも、

付けたままで収納可能と思います。

 

35d214b9.jpg

エンド金具をセットしたら、立てて縦置きにします。

  

(5)フレームとタイヤを3点で縛る

55782089.jpg

タイヤを縦置きにしたフレームの左右に置きます。後輪はフリーを内側に向けて。

タイヤが小さいので、クランクの位置にも自由度があります。

 

d6839c74.jpg

3点でしっかり止めます。

ストラップは3本ともフレームにひと巻きしているので、タイヤはしっかり固定されています。

フレームにキズが付かないように、何箇所か養生したほうがいいと思います。

次回、塗りなおした時にはそうしようと思います。

 

(6)タイヤに外したドロヨケをセット

eb7be338.jpg

束ねたドロヨケを、タイヤに沿わせて固定します。

 

a7939d6e.jpg

2箇所で止めます。ゴムストラップなので、柔軟に必要十分に固定できます。

カシャカシャなることはないです。

  


(7)輪行袋を広げて自転車を置く

8f26ab1a.jpg

SL-100輪行袋は、それ自体では自転車の重量を支え続ける強度がないので、

ショルダーストラップはフレームに結びます。

輪行袋には、ショルダーストラップの出口に穴が切ってありますので、

自転車の向きは決められています。

なので、絵の通りに自転車を置きます。

 

a3403ca1.jpg

少し袋を上げたところ。あとからスルスルっと上げられるように、

自転車で踏んだりしていないかを確認するためです。

すごく急いでいるときは、このまま袋を上げてしまい、口を閉めて、

その隙間からフレームを直接もって移動することもできます。

 

(8)ショルダーベルトを取り付ける

ショルダーベルトをしっかりセットするかしないかで移動の快適性は各段に違うと思っています。

ee38c39a.jpg

まずは、BBとチェーンステイの間にストラップを通して、キュキュッと閉めます。

輪の遊びが少ないほうが、持ち運ぶときにガタガタしないのであります。

 

a359f071.jpg

輪行袋を少し上げて被せながら、矢印のストラップ出口を見つけます。

 

fa9fa752.jpg

この穴に内側からショルダーベルトを通します。

内側で何かに絡んでいないかを注意しながら、ストラップを全部引っ張り出します。

 


4675ff79.jpg

引っ張り出したショルダーベルトの片側は、

ヘッドチューブとダウンチューブの交差部分(矢印)に取り付けます。

  

223e10bb.jpg

取り付けながら、ベルトの長さの調整をします。

私の場合はフォークの長さ+ボール1個分がちょうどいいです。

 

(9)袋を引き上げて紐を絞る



73a4013c.jpg

袋を持ち上げて、紐で口を締めます。これで終了です。

この黄色い紐は、十分な長さがありますので、電車内で何かに縛り、

転倒防止に役に立つのであります。

絵は肩に掛けた時のイメージであります。

私の場合、右ハンドルのドロップ部分を袋の上から握って移動します。

 

bbe49894.jpg

身長170cmに満たない私ですが、ショルダーベルトの調整をきっちり行えば、

持ち上げたとき、地面とのクリアランスも十分で、階段でもあまり不自由しません。

 

(10)その他

c9d6884d.jpg

試しに、700cのマルイシMC-CXの縦型収納の大きさであります。

ミニベロの方が少しだけ小さいですが、袋に入った実際の見た目はほとんど変わりません。

 

e8c4ac4e.jpg

ミニベロだからこそ、輪行時も小さいといいなという希望があります。

うーん、デモンタっていいですね。












最新コメント
記事検索
アクセス数
  • 累計:

プロフィール

cycling451

天気
  • ライブドアブログ