451のミニベロ

ミニベロで、雨の心配のない日の自転車通勤や、週末のサイクリングを楽しんでいます。
それから、雪のシーズンには山でテレマークスキーをしたりもしていましたが、このところは古墳めぐりが大好きになりました。
※ 2008年11月 に「OCNブログ人」で始めたブログですが、そのサービス終了のため 2014年10月 こちらに移ってきました。

TOEI ミニベロ

サイクルキャリア(4)

フォークマウントに戻るのでありますが、

積む度に、キャリアと干渉する前輪ドロヨケを外すのが少し面倒なので、

ドロヨケの分割後半部分を少しカットしました。

2d5ac7f9.jpg

 ■2cmほど。

 

2cabc03d.jpg

■カットした分だけ浮きました。

 少しドロヨケが捻じれているので、直しておかなくちゃであります。

 

f63afcc8.jpg

■このぐらい浮いていると、マッドフラップを付けても逃げ場があります。

 

bd60f5f2.jpg

■ついでに、左のだるまネジも真鍮にしました。

 

4mm径用 だるまネジ

前輪右側のだるまネジがグラついていたので、

増し締めしようとしたのでありますが、締めても当たりがないのです。

1e75fb67.jpg

■矢印のネジ。

 

08c17b88.jpg

■取り出してみたら、ネジ山崩壊でありました。

 これ、6年ぐらい使っておりました。

 

3a756682.jpg

■今度は真鍮製を使ってみようと思うのであります。

 

bf42c6d9.jpg

■両方とも4mm径ステー用の上締めタイプで本所製であります。

 

51c34132.jpg

■真鍮製の方がかっちりくっきりであります。

 近いうちに左側も替えておこうと思うのでありました。

ふと思ったこと(1) 環付だるまネジ

分割のドロヨケを止めている環付ダルマねじの環付ねじ。

74ca4bbc.jpg

■自転車気分の小物。

 時々不注意で失くすことがありますが、気に入って使っておりました。

 

52982558.jpg

■ドロヨケを分割するときは、フォーク左右のだるまネジを緩めて、

 ドロヨケステーを抜くので、プラスのドライバーが必要であります。

 環付ねじは手回し。

 これは合理的ではない、それがふと思ったことであります。

 個人の感覚レベルのことでありますが。

 

dfc94d61.jpg

■なので、ごく普通のステンレスの「なべネジ」を買ってきました。単価12円。

 ちょっと長いので、そのうち削ってと。

 

92acb32c.jpg
2ee5ab29.jpg

■ふみゅ。

ドロヨケ 分割工作

ドロヨケの分割加工をしました。

ドロヨケは本所の「H30 R275 20インチ1-3/8 半円 W40 D20」であります。

d9f2bf47.jpg

■使うのはアルプスの分割金具

 

c425240a.jpg

■径の小さい451で使うので、まずは分割金具の曲げを適当にムギューと調整します。

 二つ並んだ分割金具の奥の方が、曲げの調整後。

 451ドロヨケの内側にあてがってカタカタしない程度に大まかにであります。

 

f61408b6.jpg

■使う小物も用意して。

 矢印のネジ(前輪用のフォーク下ネジ)は、もう少し長い方がいいかもであります。

 

087614b6.jpg

■ドロヨケの既存の穴(フレームに止めるための)に分割金具を仮止めして、

 新しく開ける2か所の穴の位置決めであります。

 ポンチでしるし。カット位置もマーキング。  

 

f7970e25.jpg

■ピラニアでカット。

 写真はカットバリを粗いやすりで落とした後。

 両端の巻管にスポークを通して、結合を強くするというお話をよく聞きますが、

 451サイズの場合は、径が小さく、短かく、振動による局所にかかる負担が、

 比べれば小さいので、スポークはなくても大丈夫と思っております。

 

358d030d.jpg

■径5mmのドリルで穴あけ。使うネジは4mm。

 

b101405c.jpg

■ドリルのバリをやすりで落としてフラットに。

 

16bdba9e.jpg

■仮組して確認。

   

10deb142.jpg

■どうしてもちょっとズレが出るので、現物合わせでやすりで微調整。

 工作の終了であります。

   

9edec8fb.jpg

■後輪

 

3bdc4b9e.jpg

■前輪

 

25b34edf.jpg

■前輪はフロントキャリアと干渉しないように、1か所表からネジを通しました。

  

d8t24t24t

■これは、径の小さいドロヨケをアダプターを介して付けているの図であります。

 このぐらいスペースがあれば、表に袋ナットを使用しても干渉しないのであります。

 

39eb3912.jpg

■前輪

 

6e381878.jpg

■後輪

 分割加工中に、ドロヨケを握ったりして、微妙にRがずれるので、

 ドロヨケを広げたり絞ったりして大まかに調整であります。

 上が少し浮き気味、お尻が食い込み気味なので、

 ステーも外して調整したいところでありますが、今日はここまで。

 後日、コーヒーでも飲みながらじっくり行いましょう。

 


ステムとハンドル交換

今日も暑かったですね。

ポスト長225mmのロングクイルなステムを使って、今までより30mmもアップしたハンドル高。

仮止めのままでありますが、通勤で使ってみました。

abe24c87.jpg

7baf1fd0.jpg

■下はBefore

  

71d696ae.jpg

■グイッと伸びております。

 

39866fff.jpg

■上めから見てもグイッと。

 

6d8d6b29.jpg

■前から見てもグイッと。

 

e7b94bb7.jpg

■後ろから見てもグイッと。

 まんずこれでいろいろ走ってみて、様子を見たいと思います。

 

■覚書

 メーター走行距離25469kmで、ステム交換。

 ハンドル:刻印440(芯芯で450mm)から、刻印410(芯芯で420mm)

       幅広を使って数か月、慣れたせいか少し肘が窮屈に感じます。

 前後ブレーキの、アウター&インナーワイヤー、ブレーキシュー交換。

 



ロングなクイルステムの覚書


ハンドルの高さをもうちょっと(数センチ)上げたのを試してみたいと思っております。

今は、ノーマルなポスト長150mmを高さMAXで使っているので、ままでは駄目なのであります。

2c322c1e.jpg

■今の状態。買い物帰りなので、サドルバッグもMAXであります。

 

eaf95c34.jpg

■以前、カミさん用に購入したちょい長めを眺めておりました。

   

70af1e25.jpg

■そのコラム長。左はプチロングな180mm。右は一般的な150mm。

 30mm、上にあげられる。

 

 そんなクイルステムをいろいろ探したものの覚書であります。価格は参考。

 バークランプ径は26mmが前提条件で。

nittotechnomicstandard

■NITTO NTC-225  ※画像はRivendellのサイトから

 テクノミックステムのポスト長225mm。バークランプ径に注意が必要であります。

 Rivendellでは「 Nitto Technomic Standard 」 として、バークランプ径25.4mm だけじゃなく、

 バークランプ径26mmも、突出し70mmから用意してあります。$40。

 

ntca_2

■NITTO NTC-A  テクノミックエアロ

 このステムはノーマルでもちょっと長い。ポスト長170mm。20mmの余裕。 4704円。

  

nittotechnomicdeluxe

■NITTO Technomic Deluxe  ※画像はRivendellのサイトから

 Rivendellでは「This stem goes onto 90 percent of the bikes we sell」であります。

 じゅうぶんな長さの、ポスト長190mm。 $63。 

  

nittotalluxstem

■NITTO Technomic Tallux Stem  ※画像はRivendellのサイトから

 Rivendellオリジナル。TechnomicDeluxeとStandardのいいとこ取りで、ピカピカ仕上げ。

 たっぷりなポスト長225mm。 $70。

 

 nittoluggedquill26

■NITTO Lugged Quill 26.0  ※画像はRivendellのサイトから

 日東の42歳のMs. Yabashiがロウ付けしたクロモリ高級品とのことであります。

 ピカピカニッケル仕上げではなくて、鈍い仕上りであります。

 ポスト長190mm。 $225。かなり高いですがいいなぁこれ。

 

 日東以外にもDiaCompeのもあります。

26576l080

■Dia-Compe ENE Hole-In Quill Stem

 穴がカッコ良いのであります。

 ポスト長130 / 180 mmとサイトにありましたが、180mmはないかもであります。

  

2012022000014322

■Dia-Compe  ENE Quill Stem

 穴あきじゃなければ、ポスト長180 mmが手に入るようです。$60。

 

 grand_cru_quill_stem_172

■Grand Cru Quill Stem   ※画像はVeloOrangeのサイトから

 VeloOrangeオリジナルのクロモリステム。

 ポスト長180mm。$80。

 -----------------------------

 NITTO Technomic Deluxe か、NITTO Technomic Tallux Stem が、

 今の所いいのではと考えております。

 

ドロヨケレス

たくさん雪が降った翌日。

ブルベに使ったタイヤはホイールごと交換しました。

5000kmから耐久テスト再開であります。

メータ走行距離22983km。

まだドロヨケを外したままでありますが、細道ダートに残っている雪を走ってしまいました。

雪だけならいいのでしょうが、今日の陽気で雪が融けてぐちゃぐちゃなところもありました。

35226ace.jpg

■あぁドロだらけ。やめとけばよかった。

  

2c118f12.jpg

■掃除しなくちゃ。うーみゅ。

 

d3b315a1.jpg

■チェーンステーブリッジの穴もそうですが、

 そのほかのネジ穴はすべて、革を両面テープでくっつけて保護しております。

 

■覚書  

 1月:1003km
 2月:631km
----------------
2012年計:1634km


ドロヨケの付け直し

このところドロヨケを外しておりました。

タイムギリギリのブルベを考えての少しでもの軽量化のためであります。

でも、久しぶりの雨が降っております。

このコンディションでドロヨケが無い状態では走りたくないので、

とりあえずドロヨケを付け直しました。

ドロヨケは本所の「H30 R275 20インチ1-3/8 半円 W40 D20」。

以前、5mmのステーで使っていた未分割のものであります。

33a1d91f.jpg

■4mmステーで付けるために、本所の真鍮だるまネジを削る作業から始めました。

 右端の高さまで。

 

565f3d14.jpg

■リア

 シュワルベのステルビオに対してドロヨケは径が大きいので、

 広げ基調でぐいぐいと合わせました。

 WO 20×1 3/8  ( 37-451 ) を、WO 20×1 1/8  ( 28-451 ) にする作業であります。

 

0a3a38ff.jpg

■フロント

 

1d959883.jpg

■径に無理がでるので、とりあえずの革パッキン重ね。

 とにもかくにも、ドロヨケが付いているとなんか安心するのであります。

ハンドル交換と伊佐沼の出店準備

あぁイングランドが負けてしまいました。

次のウェールズ戦がポイントだと思っていたのに、その前にフランスにしてやられました。

ウィルキンソンのキックの不調が不安の種くらいで、力技で押し勝つと思っていたのに。

先制された後は終始フランスペースで、イングランドらしさがなかった。

それにしてもPGの機会が一回も無いなんて。おかげでカミさんも不機嫌であります。

うーみゅ。

こうなれば、ウェールズに期待であります。

決勝でニュージーランド相手にネチッと頑張ってもらわなくちゃであります。

 

b9c6dd10.jpg

■つい先日に交換したばかりのフラットブルホーンハンドルでありますが、

 どうもしっくりしないので、ドロップに付け替えました。

 日東の105であります。400mm。

 エアロ対応のアウター用溝がないので、ブレーキケーブル内蔵用の穴あけ加工もしました。

  

b9d7a587.jpg

■フロントバッグの処理も以前の日東便利ホルダー仕様にしました。

 

b2ff0abd.jpg

■来週の伊佐沼バヴァルダージュに出品する予定であります。

 使う予定のないものをごそごそ出しはじめました。

 

ヘッドセット交換とメンテ

ヘッドセットの交換をしました。ついでに梅雨や雷雨の中を走った分のメンテ。

水の侵入やサビなんかのチェックであります。

覚書:ラグビー見たさに「J SPORTS」に加入しました。ついでにスターチャンネルも。

ラグビーワールドカップは、日本代表は残念な結果でありましたが、

この土日は予選プールの最終戦。全7試合をすべて見ておりました。

どの試合もそれぞれの代表の立場があって熱いのでありますが、

イングランド VS スコットランド、アイルランド VS イタリア なんかがすごく面白いのでありました。

決勝トーナメントの組み合わせも決まって、ますます楽しみであります。

 

c833b05c.jpg

■使っていたヘッドセット。HP-6500 1インチJIS。

 カートリッジなのでメンテナンスは楽でありますが、すごく好きという訳ではないのです。

 

4e7e794c.jpg

■交換したのは、TANGE レビンアロイ。

 カンパのヘッドパーツのパクリだと思うのでありますが、キチッとした溝に刻まれた文字と、

 ワンの丸みがかっこ良いのであります。

 

9fe47b19.jpg

■シールドが無く、要メンテでありますが、カチッとした精度は気持ちがいい。

 

a111ba68.jpg

■外したフロントキャリア。ネジ部の汚れをクリーニング。

 

c51c7865.jpg

■HP-6500の下玉押しというかハウジングをコチコチ叩いて外します。

     

f6a2e443.jpg

■段付きボルト12mm。フォークについている小物も全部、ブレーキも外してクリーニング。

 シューも交換しました。

 

b7486eee.jpg

■グリスをタップリ塗って、下玉押しのセット。

 

17588245.jpg

■下玉押しの圧入。使ったアダプターは#834。

 

477835e4.jpg

■フレームから上下ワンを外します。

 

97d83309.jpg

■つんつるてん。

 

e8089bfc.jpg

■ヘッドチューブ内側もクリーニング。赤く見えるのはさび止め塗料。

 前回のメンテが効いているのか、今回は水の侵入はありませんでした。

     

dc9f8a3f.jpg

■上玉押しと下ヘッドワンの圧入でありますが、

 シンプルホリゾンタルのミニベロはヘッドチューブが長いのであります。

 圧入工具の長さが足りないということにここで気が付きました。うーみゅ。

 あと3cmぐらい長ければ工具の上下アダプターをセットできるのでありました。

 ボルトは締められるので、片側ずつ付けることに。

 まずは上玉押しから。下ワンにアダプターなしで圧がかかるのを避けるためであります。

 写真の状態から、下にワッシャとボルトを入れて圧入。

   

11e78ecc.jpg

■下ワンにもグリスをたっぷり塗って、

  

f9ea794b.jpg

■圧入。上側にアダプタが入れられない長さでありますが、ワッシャでなんとか。

 上玉押しの上面はフラットで、まんず大丈夫でありましょう。

 

b014ef84.jpg

■グリスがミニュッと出てきて圧入終了。

 

87b42b87.jpg

■上側も組み上げ。

 スタックハイトが低いので、もともと付いていた舌付き座金を挟んで高さ調整。

 

9050b636.jpg

■ブレーキシューも交換して、再調整。

 BBBの三色シューはトーインなしで使っておりましたが、湿気があるとキーキー言うので、

 今回はトーインのセッティングをしました。

 

6b77ea3c.jpg

■ハンドルも交換。ギドネット。

 峠の下りの時だけ、ドロップハンドルとレバーが欲しくなりますが、

 日常的には、とても使いやすい組み合わせだと感じております。

 次は駆動系のメンテであります。

 

■覚書

 メーター距離19683kmでの交換作業。

 ・ヘッドセットの交換。

 ・前後ブレーキケーブル、アウター、新品交換

 ・前後ブレーキシュー新品交換 BBS-11T -> BBS-23T

 前回のブレーキケーブル交換

  

最新コメント
記事検索
アクセス数
  • 累計:

livedoor プロフィール
天気
  • ライブドアブログ