451のミニベロ

ミニベロで、雨の心配のない日の自転車通勤や、週末のサイクリングを楽しんでいます。
それから、雪のシーズンには山でテレマークスキーをしたりもしていましたが、このところは古墳めぐりが大好きになりました。
※ 2008年11月 に「OCNブログ人」で始めたブログですが、そのサービス終了のため 2014年10月 こちらに移ってきました。

 50km 未満

再び、城峯山南麓 (3)

P1440842
■日野沢川沿い、秩父華厳の滝に向かう途中の左手にある、
 櫓みたいなものはなんでありましょうか。
 大前耕地を通り、大前山から破風山へ至る登山道の入口、
 いわゆる秩父華厳の滝登山口であります。

P1440845
■少し下流の石垣が残る中世の阿左美氏館との関係があるのかしら。

P1440848
■秩父華厳の滝。
 計画では、この先から奈良尾耕地までゼーハーであがり、
 平坦に作られた奈良尾と門平の連絡道を通って、
 上から門平を眺めてみたいというものでありました。

jyo3
■それは569の尾根を巻く道であります(右上の赤矢印)。
 それから神社(右上から2番目の赤矢印)を見て、門平に出る前に、
 もしかしたら谷越しに耕地の全景が見れればという計画であります。
 ただそれまでの無慈悲なアップダウンに少しやられておりましたし、
 そのせいなのか、今日はなんだか、もともと、朝から、実は、
 体調が万全ではないかもしれないなどと考え始めておりましたので、
 帰る方向の匂いがする小前に向かったのであります。

P1440849
■小前入口のバス停の前に座って、
 お茶を飲みながら、地図を見て、しばらくもじもじしておりました。
 バス停の場所は、以下の地図の青矢印であります。

jyo3
■机上の計画は、
 門平の後は、バス停の小前入口から登り、小前とは逆方向の、
 579を目指してさらに登るというものでした。
 それから立沢に行って、そこからダイレクト(左下の赤矢印)。
 実際は登りの一番少ない、小前に上がってから降りるの道でありました。
 
P1440851
■小前耕地。

P1440892
■もう少し左手からでした。
 『秩父悲歌』 (清水武甲 春秋社 1971)

P1440854
■小前耕地の中心部。
 傾斜のせいか、他の耕地に比べ、比較的ゆったりとした印象があります。
 でも耕地の端からは、やっぱり急な下り坂で、そこを慎重に下りて、

P1440858
■阿熊川沿いに戻り、

P1440859
■下吉田に降りてきたのであります。

再び、城峯山南麓 (2)

P1440808
■沢辺から重木耕地に向けて登り始め。発祥の地であります。
 基本は自転車で通り抜けられる道を選んでいましたが、
 ここは往復でも見たかったのです。

P1440811
■写真よりもっと薄暗いと感じた沢筋の比較的まっすぐな道。
 やっぱり、乗るより押しているほうが多いのでありますが、
 きついなぁと思ったら勾配18%でありました。
 ただこの先、集落の手前で、勾配はさらに増すのであります。

P1440816
■そこをゼーハーで登り切る直前。
 左下に見えるのは旧道でありましょうか。
 このあたり勾配24%の箇所もありました。

P1440817
■登り切って上から見下ろすの図。
 ここまでくれば、重木耕地はもう一息であります。

P1440823
■耕地の入口。

P1440830
■重木耕地。

P1440824
■耕地間を結ぶ生活道の案内板。

P1440875
■上の案内板の位置は、赤矢印のあたりだと思われます。
 『秩父悲歌』 (清水武甲 春秋社 1971)

P1440827
■耕地を抜けて、藤原に向かう道。

P1440834
■耕地を抜けて小松方面。
 この道幅は、荷馬が行き交いよく踏まれていた時から、
 変わっていないと思われるのであります。
 畑仕事をしていたおばあさんと少し立ち話をして、
 「それで、どこに行く?」と聞かれて、「門平」って言ったら、
 「小松から行ける」って言うので、そこはすごく歩いてみたいのだけれど、
 「自転車だから、いったん下まで降りてから行く」って、そんな話をしました。
 それから、石ころに乗り上げたら前転してしまうと感じる下り坂を、
 ブレーキ握りしめて下りたのであります。
 ...つづく。

再び、城峯山南麓 (1)

いくつか見たいものがあり、また行ったのであります。
P1440794
■狭い谷あいにまとまって開けた耕地がある大神。

jyo2
■赤線。
 破風山の周囲を反時計まわりに。
 門平の周辺もグリグリ走る計画で、それは後半の楽しみでありましたが、
 前半でおなかが一杯になって、はしょったのでありました。

sigekiA
■高松への登りも、重木への登りもゼーハーになりました。
-------------------------------------------------------------------------------------------

P1440749
■赤平川に沿って、下り基調で走りだして、

P1440754
先日の国神の大イチョウにも寄ってからは、
 日野沢川に沿いに、いくつかの耕地を目指すであります。

P1440759
■高松への登り。
 乗るより押しているほうが多いのでありますが、
 押すのが重いと感じる、勾配18%の箇所もありました。

P1440766
■やっとのこと段丘の上に上がった感じで高松に着きました。
 
P1440771
■ちょっと進んだ先から。

P1440777
■そこからは蓑山と皆野の町が見えました。

P1440780
■地図で高松から大神に向かう尾根越えの道にあった案内板には、
 進む先に高松と書いてあったので、たった今、通ってきた集落は、
 高松ではないのでありますか。ここは不明なところであります。
 して石仏群がすぐそこと書いてありますので、自転車を置いて、
 歩いて見に行ったのであります。

P1440782
■歩き出したらすぐ、右上に石が見えました。

P1440788
■石仏群。ここは峠であります。
 右から歩いて上ってきたのでありますが、左には大神に向かって下りる道。
 真ん中に登っている道は、どこまで続くのかはわからないですが、
 地図上で598.2の三角点ピークから伸びる尾根であります。
 このちょっと右上によく公園とかにある柵が見えたので上がってみました。

P1440785
■これ。
 壇状であります。

P1440786
■少し奥から。

P1440784
■壇の上からは、蓑山と皆野の町、右奥に武甲山が見えました。
 東南の方向で、月を眺めた場所でありましょうか。
 展望を楽しんだら、自転車に戻り、ちょっと下ったら大神であります。

P1440796
■狭い谷あいに、傾斜の緩いまとまった平地が広がっていて、
 すごいと思うのであります。

P1440799
■耕地の周囲には防護柵が。

P1440800
■日野沢川に下りる道で、谷筋の若浜が見下ろせました。

P1440805
■下った先は日野沢川でありますが、この下りは勾配20%でした。

P1440806
■下りてきて若浜。
 ...つづく。

城峯山 山頂

秩父華厳の滝から奈良尾峠に向かうであります。

P1440683
■奈良尾耕地。
 右に小松耕地への車道分岐。

P1440684
■自転車を押すのもきつい上り坂を進み、

P1440685
■あの上の道に行くには、そろそろ左につづら折れるのかしらなどと、
 思いながら押し歩きしていたら、

P1440686
■このハングした、道にカブっているすごい岩を見て、
 曲りどころを間違えたのにやっと気が付きました。
 この先は旧道で登山道であります。
 正しい分岐まで引き返しました。

P1440695
■その上の道からの奈良尾耕地。

P1440697
■奈良尾耕地を過ぎれば、山頂までは集落はなく、
 日も陰ってちょっとさみしい道をひたすら登るだけであります。

P1440699
■空が広くなったと感じてくれば、ほどなく奈良尾峠。

P1440700
■峠を過ぎて、やっと上州側が見えました。

P1440702
■爽やかな高度感がある道を進み、

P1440703
■城峯山の山頂電波塔がやっと見えた場所。

P1440704
■この先は太田部峠方向ですが、通行不止めでありました。
 太田部峠から石間に下りる道で、上から横道耕地を眺めるのが、
 城峯山に登るよりも後半のメインイベントのつもりでいたので、
 そこは残念でありますが、次回であります。
 ここから城峯山の南面に回り込んで神社に行きました。

P1440709
■城峯神社参道。
 この手前に自転車をデポして歩きはじめました。

P1440712
■城峯神社。

P1440718
■神社の左手から山頂への登山道が上がっております。

P1440719
■こんな道や、

P1440722
■こんな道を登りつめて、

P1440723
■電波塔が見えれば、山頂であります。

P1440724
■一等三角点の城峯山山頂。
 電波塔中段が展望台になっておりますので、もちろん上がりました。

P1440731
■連なる山、山、山であります。
 中央左に両神山。その右手前はパックリ割れてる二子山。
 左下に見えている集落は半納耕地と沢戸耕地でありましょうか。

P1440733
■西上州、スーパー林道のスカイライン。

P1440734
■神流湖方面。

P1440735
■秩父市街方面。中央は武甲山。

P1440736
■その拡大。
 暑い日でしたが、山頂に吹く風はやっぱりちょっと冷たくて、
 少し寒さを感じました。

P1440739
■しばらく展望を楽しんだら、来た道を下りるであります。

P1440740
■神社の上まで下りてきました。

P1440741
■石間峠までは戻らずに下りるであります。

P1440742
■ちょっと下りた所から見上げた山頂の電波塔。
 この下りは斜度がある上に、落石がザラザラしてる箇所もあって、
 ハードであります。
 ブレーキを持つ手が疲れるので、時々休みながら、
 しかしあっと言う間に下りたのであります。
 横道耕地を上から見るのは、また、別のルートでトライしてみようと、
 そう思いながらの帰り道でありました。

城峯山 南麓

夏日の暑い一日でありました。
西秩父、城峯山の山麓に点在する耕地(集落)を見たさに、
下吉田から城峯山をクルッと回りました。

P1440691
■桜と奈良尾耕地。

jsm
■城峯山からは、太田部峠にまわり、先日の石間川沿いを、
 降りてくる計画でしたが、落石通行止めだったので、
 ハードな阿熊川沿いをブレーキ持つ手が痺れながら降りてきました。

js
■城峯山への登りはやっぱりとても絞られましたが、
 山麓に点在する耕地を隔てているのは、谷や尾根でありますので、
 そのちょっとしたアップダウンジャブが効いたとは思うのであります。
 9時過ぎに出発して、往復30分ほど歩く城峯山山頂は14時。
 再び自転車に乗って、40分ほどで出発地点に戻ってきました。
----------------------------------------------------------------------------

P1440629
■下吉田と桜と、奥に武甲山。

P1440631
■阿熊の谷に入るとすぐ、窪田巡査殉職の碑がありました。
 椋神社での武装蜂起前日の最初の戦いでのことであります。
 車道から少し上がったところにありますが、
 もともとはそこが道だったとのことであります。

P1440633
■彦久保。
 右奥に金岳の岩峰が見えております。

P1440639
■「天狗の石」を過ぎたあたりから振り返ってみた金岳。

P1440642
■取り壊しでしょうか。

P1440643
■横田倉。

P1440645
■立沢近く。

P1440648
■上日野沢への分岐を上部から。
 帰りに写真を撮った背中側から降りてくることになるのは、
 もちろんこの時は知らないのでありました。

P1440656
■立沢。

P1440661
■門平に向かうきつい登り。

P1440662
■門平を西側から。

P1440663
■門平の高札場。
 S48に復元工事されるまで、江戸時代からのものが立っていたらしいと、
 案内板には書いてありました。

P1440673
■小前の八坂神社。
 武装蜂起の日時を決めた小前会議が行われたとされる場所であります。
 彫られた名前もありました。

P1440677
■小前耕地上部。

P1440681
■秩父華厳の滝。
 狭い谷に、とにかく大きいものでした。

P1440679
■滝の上から。下に寝そべっている人が見えました。
 この手前で、少し国神方面に下ると重木耕地の入口ですが、
 次の楽しみとして、ここからいよいよ城峯山に向けて、
 奈良尾峠の登りに入ったのであります。
 つづく。

再び嵐山周回

P1440096
■行司免遺跡。

3_03illust
■嵐山町のweb博物誌「丘陵人の叙事詩」から勝手に持ってきたイラスト。
 走った大体のラインと場所を赤字で追加しました。

 所有のガイドブックに載っていない古墳の有り無しや、
 その位置も含めた基本情報、見つけた古墳の同定情報などは、
 埼群古墳館 様より得ております。Powerd By であります。
----------------------------------------------------------------------------
P1440055
■西原古墳群6号墳?
 東松山市の北東端でほとんど嵐山の場所であります。
 嵐山町の寺山古墳群のエリアと言ってもいいくらい近接しております。

P1440056
■残っているかもしれない西原古墳群7号墳を探して、
 住宅地をウロウロしましたが、見つかりませんでした。
 ここは不思議に開発されていない一角。

P1440065
■国立女性教育会館。
 いままで敷地内に入ったのは数えるほどであります。

P1440061
■広い敷地で、段丘に建てられているので、眺めがよいのであります。

P1440066
■敷地内にある寺山1号墳。西側から。

P1440068
■南東側は藪がひどく、近づいてもはっきりしないのでありますが、
 こちら側からは高さを感じました。

P1440071
■それから、また山王古墳群に行って、
 「オオムラサキの森」下部に隣接する「蝶の里公園」。
 このまま車道を下れば、都幾川の桜堤であります。

P1440073
■冬枯れで見通しのいい、気持ちのいい公園を、
 自転車を押してテクテク歩き、

P1440075
■山王古墳群14号墳。
 写真ではよくわかりませんが、肉眼では高さがありました。
 この東側に13号墳があって、やはり肉眼ではわかるのでありますが、
 撮れた写真はただの笹薮にしか見えなかったので、省略しました。

P1440080
■14号墳の場所からすぐ、河岸段丘の傾斜がきつくなっております。
 先に見える田んぼに下り、右奥に見える尾根に回り込んで、
 石堂古墳群に行きました。

P1440082
■石堂古墳群1号墳。

P1440084
■石堂古墳群2号墳。

P1440083
■墳頂にある石は葺石だろうか。
 3号墳も肉眼ではわかりましたが、写真ではただの藪でありました。

P1440090
■石堂古墳群から戻る道。
 大平山がきれいに見えました。

P1440092
■橋をわたり、都幾川の右岸。
 いわゆる都幾川の桜堤であります。

P1440097
■行司免遺跡。
 ピラミッド型の鉄骨は井戸跡で、その隣に案内版。
 今は、飼料用?のトウモロコシ畑になっております。
 右奥の赤っぽい建物は、先の国立女性教育会館。

P1440099
■井戸跡。

P1440101
■案内板。
 乾いたふかふかの畑の土で、靴がすごいことになりました。
 その後、大蔵館跡から笛吹峠に向かう登り坂を500mほど上がって、
 
P1440108
■粟津ヶ原古墳7号墳。
 
P1440110
■裏から。
 粟津ヶ原古墳群はS34(1959)の時点では、
 小円墳が7基あったということでありますが、道路工事などで、
 今は2基だけ存在するということであります。
 羽黒塚と呼ばれていた古墳があったということなので、
 この7号墳はそうなのかもであります。うーむ。
 にしても、今まで単に気持ちがいいからと選んで走っていた道でありますが、
 また違った気分で走れて楽しいのでありました。

嵐山周回

風が弱くて、暖かい日でありました。
古墳を見に嵐山に向かったのであります。

P1430944
■梅を見て、

P1430940
■同姓塚1号墳。この民家の庭先の径15mの円墳を見て、

P1430955
■沼を見て、

P1430966
■二股のクヌギの先、崖の上でありますが、樹木が切られ、
 都幾川の桜堤がより高い位置から見えるようになっておりました。

P1430963
■そこから望遠でお馬さん。

P1430970
■石室が立派な嵐山の稲荷塚古墳にも行きました。

P1430976
■北西側から。
 緩い傾斜地に径20mの円墳のしっかりとした大きさであります。

P1430968
■現地案内板。

P1430986
■それから、鎌倉街道に行って。
 「伊昔鎌倉街道菅谷」と書かれた石碑はS33建立とのことであります。

P1430984
■案内板。
 ここは鎌倉街道の遺構があり、また「オオムラサキの森」でもあり、
 「山王古墳群」でもある、なかなかに盛りだくさんの場所なのであります。
 上のリンク先で「落ち葉についた幼虫を探す児童」という写真がありますが、
 そこには古墳もきっちり写っております。うみゅ。

P1430982P1430985
■ほぼ同じ場所に並ぶ案内板。

P1430988
■見通しの良い林に山王古墳群のうちの2基。

P1440026
■そのあとは、東昌寺古墳2号墳。
 なにやらたくさん建っていて、言われなければ古墳とはわかりません。

P1440033
■東昌寺古墳1号墳。

P1440044
■「埼玉の古墳」によると、東昌寺の墓地にあるので、原形を保っていないが、
 径16mの円墳ということであります。
 ただ実際に墳丘に登り、おりて裾から見上げてみると、
 もっと大きかったのではという印象であります。
 また、東上線の武蔵嵐山駅から、この東昌寺にかけて、
 数多くの古墳があったということですが、
 その数百メートルの間の古墳については、何もわからないということであります。

P1440053
■眼が痒くなるので目薬をさしながら、竹林を通って帰ってきました。

鹿島古墳群へ

冷たい向かい風のなかを、荒川に向かったのであります。

P1430830
■丘陵を抜けて、

P1430833
■日陰には朝方の雪がうっすらと残っていたので、
 滑らないように硬直しながら、

P1430835
■着きました。
 鹿島35号墳。小さな稲荷社。

P1430836
■葺石だろうか。小さめの石だらけであります。

P1430842
■鹿島古墳公園のメインエリア入口にある案内板。

P1430845
■下草が刈られているので、藪に悩まされることなく、
 群集墳を歩いて見て回れる。やっぱりいい所だなぁと思うのであります。
 基本葺石がありますので、この景色は当時は以下のように、
 見えていたはずです。

P1430845-2
■イメージ。

P1430853
■先の景色の中央に見える赤さびた案内板はこれであります。
 ところどころしか読めないのでありますが、
 最後の方は、「昭和四十?」と「川本村長」と書かれているように思えます。
 県指定史跡になった頃のものでありましょうか。

P1430858
■墳頂から南の展望。

P1430864
■鹿島66号墳と思われる円墳。

P1430865
■この古墳に限らずですが、墳丘には葺石。

P1430870
■公園の幅が狭まった個所。西の眺め。

P1430874
■公園西側の鶏舎が近い林の中。

P1430880
■古墳群のほぼ西端から東方向。
 ここでもかつての景色は、

P1430880-2
■イメージ。

P1430881
■して、あれが見たかった3号墳と思われる盛であります。

P1430885
■南から。

P1430890
■西側。葺石と思われるものが。

P1430891
■北から。うみゅ。
 それから、吉野川を渡ったすぐに、ます塚古墳という、
 1辺10mの方墳があったというそれを見に行きました。

P1430892
■ます塚古墳はもう見当たりませんが、すぐ近くにこんなのがありました。
 見たいものが見れたので、あとは帰り道がてらに、
 いくつか別の古墳を見てであります。
 ただ冷たい風が吹く日でありましたので、この頃から、
 もう脳みその大半は、さくら屋であっつあつのかけうどんを食べることばかり、
 考えているのでありました。

P1430903
■江南台地に冷たい道で上がり、

P1430904
■上がった所。

P1430907
■上前原古墳群1号墳。

P1430910
■上前原古墳群2号墳。
 しっかりした高さがありましたが、墳頂がぼっこりと陥没しておりました。

P1430911
■それから瀞簡院2号墳。

P1430914
■この古墳はいつみてもギリギリ感がすごいと思うのであります。

P1430918
■お昼をとうに過ぎた時間でも込み合っていた店内のカウンターで、
 お待ちかねのうどん。
 体が冷えておりますので、喉が焼けるかと思いました。
 体が温まったあとは、のんびり丘陵を越えて帰るであります。
 

江南台地の縁辺部

雨上りの午後、先日の上大塚古墳群1号墳のような、
眺めの良い台地端に立地する古墳見たさに出かけたのであります。
清水山古墳群から、上前原、行人塚、瀞簡院、天神山などの旧江南町の、
古墳群を回ろうとという計画であります。
ただ途中の丘陵の古墳群で時間がかかったり、
うどんを食べちゃったりで(これはたいしてロスにはなっていない)、
日没が迫ってきたので、旧川本町の清水山古墳群を見た後は、
一目散に帰ってきたのでありました。

shimizu
■左は先日のトラック。

P1430772
■雨上りの丘陵。

P1430773
■道の途中にある日向古墳群(旧江南町)の2基を探したけれど、見つからず。

P1430794
■カンパ沼(釜場沼)先の新沼から、釜場古墳群を見に行きました。

P1430799
■道の途中、上原古墳群の2号墳。
 道路側が削られていますが、径30m円墳の迫力であります。
 個人宅の庭だと思うのですが、いつ見てもきれいにされていて、
 すばらしいと思うのであります。

P1430803
■そのすぐそば、同じ地内に上原古墳群の1号墳。径24mの円墳。

P1430808
■遅い時間でしたが、千代屋の暖簾が出ていたので、
 つい食べちゃいました。

P1430810
■食べた後は西に向かい、

P1430811
■清水山古墳群への北からのアプローチ。
 篠藪がすごいのでこっちからはあきらめ、南側の造成地から見に行きました。

P1430825
■その後、暗くなる前に帰らなくちゃであります。

大榎と岩根沢横穴墓群

午前中は風も弱く、よく晴れた穏やかな日でありました。
P1430617
■大榎といぼ地蔵。
 左右に広がる丘陵の尾根上には塩古墳群の支群があるのであります。

iwane

 所有のガイドブックに載っていない古墳の有り無しや、
 その位置も含めた基本情報、見つけた古墳の同定情報などは、
 埼群古墳館 様より得ております。Powerd By であります。
----------------------------------------------------------------------------

83b0978b
■以前、アザラ 十郎横穴墓群で見た説明板の赤字の部分、
 いつか見てみたいと思っておりましたが、「埼玉の古墳」を読んでいたら、
 嵐山町の岩根沢横穴墓群の位置説明にグリッとなったのであります。
 ...古里古墳群の尾根支群の後方...
 ...岩沢沼を南東にのぞむ字岩根沢の山稜斜面に分布...
 案内板の尾根横穴墓は、もうちょっと広い地名を使ったものでありました。
 たぶん。
 にゃらばとそれを見に行きました。
 
  塩野博(2004) 『埼玉の古墳:比企・秩父』 さきたま出版会.

P1430592
■見通しの良くなった丘陵を走り、

P1430599
■まずは前菜に天神山古墳群を見に行こうと。
 左に赤い鳥居の淡洲神社の奥の丘陵の上にあるのであります。

P1430594
■丘陵南側に回り込んで、小さな沼から先に登ればでありますが、
 藪そうなのでここでやめました。北側からのほうがいいのかしら。

P1430603
■大榎といぼ地蔵。

P1430601
■しめ縄バージョンであります。

P1430605
■まだ黒ビニールがありました。
 これ紫外線劣化ですぐに無くなると思っておりましたが、
 農業用で劣化しにくいものとかなのかもであります。
 しばらくゆっくりしてから、岩根沢沼に向かいました。

P1430630
■岩根沢沼。
 ここに自転車を置いて、歩いて探索であります。

P1430632
■藪の狭い源頭をグルグル回りましたが見つからず、

P1430634
■凝灰岩なのか砂岩なのか、横穴が掘られているイメージの岩が、
 段差になっている個所もあり、可能性を感じますが見つからず。
 沼からの探索はあきらめて、北側に通る道から探すことにしたのであります。

P1430635
■回り込む道。
 菜の花の丘でありますが、古里古墳群の尾根支群のエリアでもあります。

P1430641
■北側の道から、少し降りたところ。
 おぉこれならあるかもの崖。

P1430649
■それからすぐに見つかりました。
 ひっそりとしております。

P1430650
■ひっそりと。

P1430646
■蓋をしやすい形。
 他にも何基かあるのではと想定されているとのことでありますが、
 とにかくこれ1基のみであります。

P1430655
■古里古墳群尾根支群1号墳。西から。
 道から見るだけでありますが、だいぶ変形しているのじゃろか。

P1430656
■古里古墳群尾根支群2号墳。西から。
 密な竹林の中に、しっかりとした円形と高さがありました。

P1430662
■古里古墳群尾根支群5号墳。
 この切り通しな感じのもっこりが古墳だと知ったのは、
 最近であります。
 見たいものが見れて満足でありますので、
 ふる里であったかいうどんでも食べて帰るべと思いましたが、
 まだお正月休みでした。うぅ。

最新コメント
記事検索
アクセス数
  • 累計:

livedoor プロフィール
天気
  • ライブドアブログ