451のミニベロ

ミニベロで、雨の心配のない日の自転車通勤や、週末のサイクリングを楽しんでいます。
それから、雪のシーズンには山でテレマークスキーをしたりもしていましたが、このところは古墳めぐりが大好きになりました。
※ 2008年11月 に「OCNブログ人」で始めたブログですが、そのサービス終了のため 2014年10月 こちらに移ってきました。

2014/04

予備の自転車

ミニベロはいつも塗り直したいと思っているのです。

アーレンキーをカツッと落としたくらいでは剥がれない丈夫な塗装で。

なかなか腰が上がりませんけれども。

しかし、ほかに乗れる自転車がないので一台組んでおこうと思ったのであります。

bf5b9599.jpg

■スペシャライズドのガンバレー アレー。

 セルフ塗装の練習台として、何度か塗ったり剥されたりしております。

 

f849e749.jpg

■もともとはこんな塗装でありました。

 「specialized allez cromo」で検索した画像を勝手に貼っております。

 

dc2ffcaa.jpg

■ヘッドパーツは、専用工具をそろえる以前からメンテの練習台にされ、

 カツカツコチコチ叩かれて、回転がスムーズではなくなっております。

 まずはこれを交換であります。

 

d33a95c1.jpg

■なんとなく似ているものを。

 

dcca0b4e.jpg

■右がオリジナル。

 

f7c431be.jpg

■ロックナットに刻印があります。

 

f3c6f37f.jpg

■この自転車は、クロモリフレームにアルミフォークという過渡期の物であります。

 なので、フォークコラムに継ぎ目が。

 

cd31a641.jpg

■下玉押しのアダプターはどちらを使うのが正解なのじゃろか?

 #834は外側に、#832は内側にフィットして、どちらも無理がないように思える。

 外側の#834を結局使いましたが、芯に近い方でコツコツしたいという、

 そういう願望もちょっとありました。

 

0376637f.jpg

■圧入して、

 

755bc80b.jpg

■ムギューッと締めこんで、グリスがムニョっとはみ出す気持ちよさ。

 

9993e27e.jpg

■あぁ高さが。

 もっとスタックハイトの低いものを使わないとダメであります。

 タンゲのサイトをぐりぐり見たのでありますが、

 ただの「Pasage」か「LEVIN CDS」、アルミなら、

 「Vantage DL」あたりでありましょうか。

 

563aeaba.jpg

■シートポストは26.8がこのMTB用の長いのしかなかったのでとりあえず。

 角度調整に凝ったつくりであります。

 

1058cebd.jpg

■雰囲気。

 

97b47f5d.jpg

■使うパーツを用意してと。

 どのぐらい乗るかもわからないし、のんびりであります。

 このパーツ、互換だったかしらとか、ここはこの向きで、

 こう締めるんだったかしらとかが、楽しいのであります。

 自転車をいじることは癒しだなぁと、改めて思うのでありました。

 

夕方の買い物

日没まじか、コーヒー豆を買いに自転車で出かけました。

ed4c6f7d.jpg

■ついでに近くの公園に。

 

4a374fd8.jpg

■このところ、何度か通販でいろいろ試しておりましたが、

 その行為自体は、やっぱりなんだか味気ないのであります。

 その味気なさを補って余りある、自分でおいしいと感じることのできる、

 そんなお店や豆や注文指定なんかを探し出すのに、

 相当手間暇がかかりそうなのであります。

 ほんとにたくさんのサイトがあるし。

 近所のお店で話しながら買うのは、味気がある。

 味の幅が大きいとしても、それは仕方がないというか、

 受け入れるというか。

 当たりが楽しみで通うという楽しみ。

 いつも買っているブレンドは、その袋を開封して、

 匂いをスーーッと全力で吸い込んだ時のその感覚で、

 淹れたときの味が想像できるようになりました。

 して、今日買ってきたのはハズレでありました。うーみゅ。

 

ちょっと痺れたこと(7)

3f85fcc7.jpg

■少し古い話でありますが、ソチの開会式の国歌斉唱がすごく良かったですね。

 スレテンスキー修道院ということでありましたが、

 のっけの深い入り方が特に良くて、録画を何度も聴いてしまいました。

 しばらくは頭の中を占領していて、鼻歌ばかりなのでありました。

 ロシアというかソビエトというか、CCCPというかUSSRというかであります。

 

■これはTV放送終了後に流れていたものなのじゃろか。

 それにしても、とても美しい国歌であります。

 美しいと言えば、「君が代」が一番だと思っておりますけれども。 

 して、ラグビーのシックスネイションズでも試合前のセレモニーで、

 国歌やそれに準ずるものが奏でられるのでありますが、

 スコットランドのそれが、バグパイプがピギャーと鳴るのが、

 しばらくは頭の中を占領して、鼻歌ばかりになるのであります。

 

■「God Save the Queen」の後に「Flower of Scotland」 

 聖地マレーフィールドでイングランドを迎えての特に熱い戦い(2014)であります。

 

6538c2c8.jpg

76099325.jpg

■これは、もう戦場であります。

 イタリアと最下位を争うシーズンが続いているチーム事情もあってか、

 ナイスガッツなのだけれどズルズル点差が開いていくといった、

 イライラが募るような試合が多いのでありますけれども。 

 

■近年強かった頃の「Flower of Scotland」。

 

 して、痺れたのは高梨沙羅であります。

fc884248.jpg

■ワールドカップ最終戦。

 オリンピックは残念でありましたが、その後のワールドカップを、

 すべて勝つというすごさでありました。

 ビューティフルであります。

 

3e22fce3.jpg

■特にラージヒルでは、トップに立つ目安のバーチャルラインを、

 軽々とほんとに軽々と越えていく痛快な勝ちっぷりでありました。

 すごいです。

最新コメント
記事検索
アクセス数
  • 累計:

プロフィール

cycling451

天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ