451のミニベロ

ミニベロで、雨の心配のない日の自転車通勤や、週末のサイクリングを楽しんでいます。
それから、雪のシーズンには山でテレマークスキーをしたりもしていましたが、このところは古墳めぐりが大好きになりました。
※ 2008年11月 に「OCNブログ人」で始めたブログですが、そのサービス終了のため 2014年10月 こちらに移ってきました。

2009年11月

輪行 収納作業 詳細(1)

輪行 収納作業 概要はこちら

輪行 収納作業 詳細(2)はこちら

 

28fb7e0d.jpg

前後ドロヨケ、キャリア、フロントバッグ仕様のこの自転車の輪行であります。

 

■収納手順

(1)収納に使う道具の準備とプレ作業

45be0ecb.jpg

収納作業に必要な道具を用意して、フロントバッグを外し、GPSなども外します。

 

81d864cc.jpg

収納に必要なものは、輪行袋、サドルカバー、+ドライバーの3点。

サドルカバーをかけ、ギアをフロントアウター・リアトップにセット。

 

37354026.jpg

輪行袋はオーストリッチのSL-100輪行袋。

ショルダーベルトはゴワゴワしていたので、手持ちのすべらかなナイロンストラップに交換。

タイヤを止める青いラインのストラップ3本は、バックル部分ですぐ撚れてしまうので、

すごく使いづらいのですが、適当な交換品がないのでそのまま使っています。

エンド金具はオプションなので、別途購入が必要です。

それと、外したドロヨケを止めるためのお手製ストラップ。

幅広のパンツゴムにベルクロを縫い付けただけのもの。

濡れていなければ、自分で追加したパーツも合わせて、もともとの収納袋に入ります。

 

(2)分割のドロヨケを前後輪とも外す

・前輪

1373206f.jpg

矢印部分、分割金具の冠付きネジを外し、左右のだるまネジを緩めて、

ドロヨケをスポッと抜いて外し、冠付きネジを分割金具に戻しておくという手順です。

手数はありますが、前後輪合わせて30秒もあれば十分です。

 

1c5150a6.jpg

まずは、 分割金具の冠付きネジを外します。

 


be61bf69.jpg

次に、左右のだるまネジを緩めます。なべネジは抜かずに緩めるだけです。

 

7972a8e7.jpg

ステーがスポッと抜けます。

このあと、緩んだなべネジを、締め直しておくのがベターだと思います。

 

06cf46ab.jpg

外した分割ネジは紛失しないように、元に戻します。

近距離の輪行なら、ポケットに入れてもいいかもです。

 

・後輪 

6ccc4534.jpg

同じように、まずは分割金具の冠付きネジを手で回して外します。

 

8cdcbd3a.jpg

次に、左右のだるまネジを緩めます。やはり、なべネジは抜かずに緩めるだけです。

 


c3e78d75.jpg

ステーがスポッと抜けます。

 

7a356e8c.jpg

外した分割ネジは紛失しないように、元に戻します。

 

3df1ce74.jpg

4箇所あるステー止め用のダボですが、ネジが切ってありません。

なので、ダルマ本体は、ステーが入る角度に合わせて、穴の向きを、微調整した後、

六角ボルトでしっかり固定されています。

メンテ以外では、外しません。ずーと固定されたままです。

上のなべネジを緩めたり閉めたりするだけです。そこが肝であります。

 



674eb2e7.jpg

ステーが固定されたまま外したドロヨケは重ねておきます。

 

(3)自転車をひっくり返し、タイヤを外す。

116b150d.jpg

タイヤを外してからひっくり返してもいいと思いますが、癖ですね。

組み立ての時もそうですが、目でハブシャフトのはまり具合を確認したいのであります。

この時までには、サドルカバーを付けておかないといけません。

 

31f49147.jpg





ブレーキレバーとフォークのエンドを結んだ線より、物が出ているのは、

輪行袋収納時にでっぱってよろしくないので、

ドロヨケの先端は、キャリアより少しだけしか出していません。

ライトも外したほうが安心だと思いますが、キャリアよりは出ていないので、

輪行袋が倒れることによる破損の可能性は低いと思っています。

ただ倒れた先に突起物があったりするといやですね。

簡単に取り外し出来るように工夫が必要であります。

 



詳細(2)に続く 




輪行 収納作業 概要

33f7a38e.jpg

私の場合は、ヘッドを抜かないオーストリッチ輪行袋を利用した一般的な縦式収納です。

ヘッドを抜き、ハンドルをばらし、ペダルも外す「アルプス式輪行」に比べると、

収納された大きさに、とても引け目を感じますが、少ない工具(+ドライバーだけ)で

作業できること、手が汚れにくいこと、パーツ紛失の危険が少ないこと、

そして何よりスピーディであるという利点があると思っています。

 

ドロヨケとキャリアが付いた自転車を縦式収納するには条件があります。

8bf84618.jpg

タイヤを外した時に、赤線矢印方向に突起物があってはいけません。

フロント側は多少はみ出していても問題ないですが、

サドルとリアエンドで自立させるリア側は必須条件です。

そのために、ドロヨケを外す必要があります。

キャリアは私の場合、コンパクトなので外す必要がないですが、

フォーサイド仕様のキャリアが付いているような場合は、それも外さなくてはなりません。

ドロヨケは繊細に取り付けられているので、外すという作業は少し面倒ですが、

分割式ダルマネジの工夫によって、あまり不便を感じることなく作業できるようにしています。


 

■収納手順

(1)収納に使う道具の準備とプレ作業

 フロントバッグやリアバッグに入っている必要な道具をあらかじめ出しておきます。

 輪行袋、プラスドライバー、サドルカバーなど。

 c1c6f1f1.jpg

 フロントバッグを外してショルダーベルトをセット、GPSなどを外す、

 サドルカバーをかけ、ギアをフロントアウター・リアトップにセット。

 

(2)分割のドロヨケを前後輪とも外す

 cf5ea551.jpg

 矢印部分。

 

 2f35f4e6.jpg

 分割金具にネジ止めしているの冠付きネジを手で回して外します。

 

 63de1491.jpg

 ステーを止めている「なべネジ(ステー固定ボルト)」を左右とも緩めます。

 

 c0a0948d.jpg

 このワンツースリー動作で、ドロヨケはスポッと取り外せるようになります。

 

 a822a416.jpg

 前後とも同じ分割構造。外したドロヨケは束ねておきます。

 

(3)自転車をひっくり返し、タイヤを外す。 

 09f4d8ad.jpg

 

(4)エンド金具を取り付けて、縦に置く

 1a088d02.jpg

 

(5)フレームとタイヤを3点で縛る

 aa8dbe11.jpg

 ストラップは全てフレームにひと巻きさせてあるので、しっかり固定されています。

 

(6)タイヤに外したドロヨケをセット

 69a2885b.jpg

 前後重ねたまま、タイヤにかぶせてストラップで軽く固定します。

 

(7)輪行袋を広げて自転車を置く

(8)ショルダーベルトを取り付ける

 7efbbe84.jpg

 

(9)袋を引き上げて紐を絞る

 27a02dbf.jpg

 完成形。

 ドロヨケに関わる作業を除けば、ほとんどロードの収納方法と変わりがありません。

 今日の計測での時間は、収納に8分45秒、組み立てに7分00秒でした。

 


ライトのメンテ(2) 磁石による脱ウイリー

メンテ後、自転車通勤で使用しました。まだ一日だけですが、不調は再現しません。

使いながら、様子見ですね。

さて、電池交換の度にウイリーするのは面倒ですし、

どうしても自転車を持ち上げて、落ちてくる電池をキャッチするときに、

ライト本体もってしまうので、一個しかない本体の取り付けボスの負担が気になります。

 

bb0c30b4.jpg

■前回、磁石のアイデアをメダホンさんに頂いたので、早速試してみました。

 

73003824.jpg

■試したのはフォークの肩に乗っている2個です。

 ひとつは、シルバーの以前壊したPCのHDに使われていたネオジム磁石。強力です。

 もうひとつは、黒丸の普通の磁石。

 今日、二つを肩に付けたままの自転車通勤でしたが、

 黒丸の磁石は、フォークの先のほうに移動して今にも落ちそうでした。

 振動に耐えられないようです。ネオジム磁石はがっちり付いていました。

 

7e08146b.jpg

■肝心の釣り上げ具合はですが、写真の用に、間に挟んだネオジム磁石は、

 カキーンと付くのでスポッと釣り上げられます。

 黒丸磁石もそーと釣り上げればバラすことはないです。

  

3cfb1135.jpg

■強力なネオジム磁石ならさらにもう一個、カキーンではないですが連結できます。

  

5a5dd9c1.jpg

■試しに引っ張ってみましたが、この場合は大丈夫でした。

  

48d960a1.jpg

■これも試しで、単3でもチェック。二つ引っ張れますね。

 ライトの角度や、本体ライナーとのフリクションによって実際の成否は変わりますね。

 

ca87ac70.jpg

■強力なネオジム磁石を、フォークの肩につけておくのは、

 ワイヤレスメーターに悪影響がありそうでなんとなくいやなので、

 二本巻きステーの平面部分につけておくのがいいかもです。

 ただ、今日の走行では、肩に付けておきましたが、メーターに影響はないようです。

 ネオジム磁石はさびやすいので、メッキされているとのことでしたが、

 電池の大きさに割ったときに、メッキもはがれてしまいましたので、

 さびが出るようなら、そのケアも必要であります。

 

ある日の通勤路(18)

いつもの東武東上線沿いの湿地というか草地ですが、草紅葉でした。

やさしい色で朝から気分がいいでありました。

95de196c.jpg

万場から、法久を廻って御荷鉾山

今日、月曜日は有給にしておりました。

予定では輪行して草津か四万あたりに飛び込みで泊まり、温泉三昧などと考えていましたが、

土曜日のポカポカ陽気にだまされたのか、日曜日はカミさんともども風邪気味で、

家でおとなしくしていました。でも、体調も戻りましたし、せっかくの有給ですから、

日帰りで近場に行ってきました。

万場の道の駅に車をデポして、法久集落から御荷鉾林道に上がり、塩沢峠から下りました。

帰りに、近場では一番の舐めるとしょっぱい強塩泉、神流川温泉「白寿の湯」で汗を流しました。

走行距離38km。短いながらも満足なのでありました。

 

5208a324.jpg

■塩沢峠から万場に向かって、紅葉の中を爽快に下るカミさん。

 

 

ca62411d.jpg

■まずは、道の駅から法久入口に向かうカミさん。

 植林があるので、全山紅葉とはいかないが、見上げる山の稜線に、

 モザイク状にきれいな紅葉が見えるので期待が膨らみます。

 

943edae8.jpg

■金達磨みそ蔵元。

 以前、この道沿い(鬼石から十石峠まで)にいくつかあるみそ蔵のみそに、

 凝っていた時期がちょっとあって、この金達磨でも何度か買いました。

   

e9474ecd.jpg

■法久集落に上がる道。落葉の道が気持ちがいいのであります。

 

47cdad26.jpg

■旧法久分校。今は集会所になっています。

 さみしくもあり、やさしくもあり、なんともいえない場所であります。

 

c564b4ff.jpg

■法久集落の上部から御荷鉾林道に上がる道は工事中で全面交通止でした。

 庭で仕事をしていた集落の方に、抜け道を教えて頂いたので、無事に上がれました。

 写真はその抜け道。押してもキツイ坂でした。

  

56fe6251.jpg

■法久峠手前。稜線に上がるまでの急坂では無理せず押しました。

 背後の端正な鋭鋒が東御荷鉾山。御荷鉾林道はあの山の直下をトラバースであります。

  

60804e95.jpg

■法久峠を越えれば稜線。まだまだ登りですが気持ちがいいです。

 

b86c470e.jpg

■投げ石峠。熊出没注意であります。

 

2230f1f9.jpg

■1000mを少し超える稜線の林道沿いは、すっかり葉が落ちていました。

 

a6e23077.jpg

■晩秋の御荷鉾林道の私。右側走っていますが、これは撮影のためで、一瞬であります。

 

5052d3da.jpg

■塩沢峠。ここで下りに備え、シェルを着込みました。

 

cf531afc.jpg

■塩沢峠から沢沿いに入るまでの紅葉は、とてもきれいでした。

 

7eafbaa0.jpg

■塩沢ダムの手前。きれいな水と落葉。ブレーキを握る手が痛くなるほどの急坂ですが、

 道は本当に気持ちがいいです。

 

de7ea74c.jpg

■落葉はいいですね。

 

c0b289b8.jpg

■遠くからも見える、万場の八幡神社の大ケヤキの紅葉。

 今回のサイクリングはこれでほぼ終了であります。

  

8a2e133c.jpg

■八幡神社の境内。ケヤキの落葉。あぁ秋ですね。

 

1e396098.jpg

■道の駅で、金達磨の2年もの(下段右から2番目)を久しぶりに買いました。

 1年物は塩辛く味薄く、3年物は癖が強すぎるというのが、カミさんとの共通意見であります。

 

8e8d261e.jpg

0205622d.jpg

ライトのメンテ

先日不調だったLEDバッテリーライト・LH05ですが、

その後、何度か点灯チェックしてみましたが、特に問題ないのです。

叩いたり、振ったりしても、不調が再現しないのであります。いい事なんですけど、困ります。

でも、不調だったことは確かですので、すけさんのアドバイスにもあった、

接点だけでもクリーニングと思い始めました。

 

1aa206ad.jpg

■ひょっとしたら、 LH05を分解メンテしたときに壊してしまうかもしれないので、

 そんなときにでも、明日からの通勤に困らないように、先にサブシステムの準備・確認しました。

 以前に購入して使っていなかったCropsのハブ用ホルダーを、フロントキャリアに固定し、

 そこに、カミさんのANCHORおまけの猫目のライト(単3電池1本でとても明るい)を、

 付けてみました。

 

991b8a3e.jpg

■前から

 

03bca026.jpg

■後ろから。

 このランプホルダーは5mm or 9mmのハブシャフト用なので頑丈になっています。

 実測重量が45gもあって重い。

 ライトのためだけのホルダーならイトーサイクルさんのオリジナルがすっきりしていて、

 シンプルでいいと思います。(boku-chinさん使用例)

 

050a3a0b.jpg

■ランプホルダーが付くと、この昔から愛用していた「ねじれH式」が使えますね。

 これなら、LED化したマグライトも、めちゃくちゃ眩しすぎるこのところのLEDライトも、

 使えますね。それもいいなぁと思います。

 で、サブシステムの確認が済んだところで、メインの作業始めました。

  

cdde4e5c.jpg
e7f261cd.jpg

■初めてヘッド部を外してみましたので、LEDユニットは初めて見ました。

 LEDユニットは私のようなしろうとは触ってはいけません。

 メンテといっても、とにかくふき取るだけです。ヘッドの通電部分もきれいにふき取りました。

 あぁ、すけさん、こんなんで許してくれますか?

 その後、再組み立てて終了。

 

9ae97b80.jpg

■叩いても、振っても不調が再現しませんので、とりあえず良しとして....。

  

05e79918.jpg

■このライトの不満な点がひとつ。電池交換であります。

 テールキャップを取って電池交換ですが、写真のように電池がぴったり深く収まっているので、

 取り出すのが面倒なのです。いつもこの状態から自転車持ち上げて(ウィリー状態)、

 電池が落ちてくるところをキャッチしています。多いときで週に2回も。

 これ、なんかいい知恵ありませんでしょうか。





小川 野菜の買出し

気持よく晴れた土曜日、いつものように玉川・小川町に野菜の買出しでした。

ぽかぽか陽気でした。走行距離52km。

c818b3e5.jpg

■幹はクヌギ。今年はどんぐりがすくないですね。

 

1d3f8dc4.jpg

■丸木美術館からの都幾川

 

fa610fa6.jpg

■都幾川沿いの桜並木。すっかり葉が落ちています。

   

40678be3.jpg

■今日は久しぶりに「わらしべ」で。日替わりランチのシチュー。おいしかったです。

 ここの奥様はラバネロ乗りですが、訳あって御主人もラバネロ乗りになるって話で、

 盛り上がりました。

 

6026aa62.jpg

■フロントバッグは野菜でいっぱい。

 

53ca27c4.jpg

■久しぶりに仙元山に上りました。標高300mに満たない山ですが高度感があります。

 小川町が一望であります。

 

1b53fe16.jpg

■山頂付近には滑り台があり、家族連れもたくさん楽しまれていました。

 

684565ee.jpg

■仙元山の山頂手前。自転車はここまで。

 山の峠道には憩いがありますね。

 

4e9f2988.jpg

■槻川。ここを渡れば下里です。

 

5deeb5c0.jpg

■嵐山渓谷に向かうカミさん。

 

a5211cc2.jpg

■嵐山渓谷。今日はたくさんの散策の人がいました。

 

a9a926e2.jpg

■ロールケーキを買って帰宅。

 

 

 

9cd05cf9.jpg

■bmのミラー。 ミラーは今まで使ったことはありませんでしたが、

 安全確保の補助になると思って試しています。あじこぼさんの記事を参考にしています。

 今日はじめて使ってみましたが、自分には合わないかなと感じました。 

 ジーっと見てしまうんですね。その後、結局振り返って目視するので、

 ミラーを見ている時間が今のところ無駄になってしまっています。

 自転車を立てかけるときは右側が多いので、ミラーが当たって曲がります。

 それを、毎回走り出すときに調整するのがすこし面倒です。

 車の通行量によって違うのか、夜なら違うのか、慣れればうまく使えるようになるのか、

 とにかく、もう少し色々な場面で使ってみたいと思います。

 >あじこぼさん、最初はどうでした?

  

 

 

 

 

不調2点

このところ、愛用しているパーツ2点の調子が悪いのであります。

ひとつはライト(LEDバッテリーライト LH05)。

先日の200kmライドの最後はナイトランになりましたが、点かなくてあせりました。

電池交換したり、とんとん軽くたたいたり、ヘッド、テールの緩みがないかチェックしている内に、

点くようになりましたが、その後も走行中に段差などの衝撃で消えたり点いたりでした。

  

268cd7e4.jpg

購入してから1年半くらい。通勤に使用していますので、使用頻度は高いと思います。

いままでは、使用に不安を感じたことはありませんでした。

注意点や、分解メンテしたほうがいいのかなど、製作元に確認しながら、

安心して使えるようにしていきたいと思います。

  

962bf68c.jpg

■メインライトが安定しなかったので、テールライトの予備をハンドルにつけて、

 前後赤点滅で帰ってきました。今度から、白か青LEDのANTAREXのようなものも、

 携帯しようと思うのでありました。

  

45246c78.jpg

■予備CR123A用ケース。無印良品の石鹸ケースに、自分でくりぬいたパッドをいれてます。

 くりぬきパッドは3本用も作りました。むぎゅっと差し込むのでガタガタせず良しであります。

 サンワサプライなんかが作ったプラの専用電池ケース(安価)があるはずなので、

 売っていれば買いたいと思っていますが、まだ出会っていません。

  

 

もうひとつはハンディGPS。

先日、SDカードに入れていた詳細地図が、表示されなくなるということがありました。

このハンディGPSは購入して1年未満。今までは、山スキーでのマイナス15度でも、

直射を受ける真夏のサイクリングでも、なんの問題もありませんでした。

 

282a11fe.jpg

USB接続が調子悪いなと思ったら、差込口がグラグラしていました。

うーん。原因はこれかもしれません。

  

fc6e5a79.jpg

結果的には、内臓メモリには異常がなく、SDカードのデータが壊れていただけでした。

USB接続はやめて、SDカードを取り出して、直接フォーマットし直し、

新たに詳細地図を入れ直したので、先日の200kmライドには問題なく使用できました。

でもUSB接続できないと、内蔵メモリにアクセスできないのでちょっと困ります。

山スキーシーズン前に修理に出さなきゃと思っています。うーん。 

横川釜飯往復

予定では、この日、友人K氏と熊谷駅7:30待ち合わせで、

軽井沢・アウトレット・ローラアシュレイ・往復200kmトライの予定でした。

しかし、行動時間の天気の心配はないものの、気温、風、ひょっとしたらの凍結で、

前日に中止にしました。

朝起きたら、寒いし、風は吹きまくっていましたが、とにかくも晴れています。

なので準備したルートをチェックしながら、行けるところまでと思い、一人で走り出しました。

結局、軽井沢手前の横川まで。走行距離203km。

自宅を7:00出発で18:30戻り。

今夏の目標で先送りになっていた初めての200kmオーバーが達成できました。

54b451b9.jpg

■朝の荒川大橋から上から。7:40。

 川面が風で波立っています。吹いている風は、毎年のきつい季節風であります。

 いつもより厚着でしたが、指先、耳が痛いのでした。

  

c6bce150.jpg

■深谷駅 8:20

 

93887471.jpg

■上越新幹線の側道。

 市街地付近を走るときは、鉄道や高速、それにこの新幹線の側道は積極的に利用しました。

 直線が多いことと、十字路が少ないので、注意する箇所が減るのが利点です。

 

89b4ea10.jpg

■高崎の手前。山は榛名山。10:15。

 

026b1813.jpg

■高崎だるま寺の入り口。10:40。

 

744eb0a5.jpg

■安中駅そば。10:50。

 「富岡・安中駅」方面の看板の下に真っ白な浅間山。

   

1bc7bd15.jpg

■磯部温泉。11:20。

 駅前の通り。温泉客は電車を利用する人が少ないのでしょう。寂れた印象がありました。

  

ccf57f37.jpg

■同じく磯辺温泉。団体客がとまれそうな大きな旅館があるこの辺りは活気がありました。

  

b6615256.jpg

■西松井田駅付近。妙義山群と右奥の白い浅間山。

 

 

22713a65.jpg

■横川駅 12:30着、40分の食事休憩。

84564fed.jpg

■今日は釜飯いただきました。店内ではなくお土産用を買って外で食べました。

 何十年ぶりに食べました。おいしかったです。

 

7673a749.jpg

■高崎IKD 14:00着、30分弱店内に。

 碓氷・烏川CRから聖石橋を渡ってすぐですので寄ってきました。

 試したいと思っていた、bmのミラー買ってきました。

 

edb28477.jpg

■熊谷の手前で日没。16:45。

 

a5d3c74c.jpg

■全体図。往路はほとんど向かい風。

 自宅から折り返しの横川までは95km弱でしたので、帰りは東松山付近で少し遠回りしました。

 

日本スリーデーマーチ

すみません。自転車ネタではないです。

東松山市最大のイベントといえば「日本スリーデーマーチ」であります。

今年も11/1~11/3のスケジュールで開催されています。

3日間、それぞれ日ごとに決められたコースを歩くというイベントであります。

一日のコースは5,10,20,30,50kmから自分の体力に合わせて選ぶのであります。

チェックポイントで配られるシールを3日間きっちり集めれば、

完歩バッチがもらえるのであります。これがちょっとうれしい。

このところ参加していませんし、今年も参加しませんが、

雰囲気を味わうためと、買いたいものもあるのでスタート会場に行ってきました。

73f3e1c1.jpg

■たくさんの人が出ています。

 

02c5862c.jpg

■お目当てのりんご。青森・弘前のなこし農園のりんご。

 おいしいりんごはどこにもありますが、このりんごもすごくおいしいのです。

 りんごジュースもおいしいのです。

 後ろに詰まれた木箱にたっぷり入っています。木箱はやっぱりいいですねー。

 

6dd51199.jpg

■歩く人のために、朝早くから、いろいろお店が出ています。

 これもおいしかったです。

 

abf5b11a.jpg

■ものすごくきれいな色の「むつ」。

最新コメント
記事検索
アクセス数
  • 累計:

プロフィール

cycling451

天気
  • ライブドアブログ