小鹿野町をグルッとまわり、また下吉田に戻ってきました。

P1440551
■レンガ作りの武毛銀行本店。
 襲撃を受けた金崎の永保社が国神銀行になり、
 名称を武毛銀行に変えて、この地でこれを作ったということであります。
 当時は今よりさらに周囲から浮いた建物だったと思うし、
 場所もなんだか興味深いところであります。

P1440550
■現地案内板。

P1440555
■井上伝蔵屋敷跡。

P1440556
■現地案内板。

P1440558
■万年橋のたもと。
 いよいよ城峯山に続く石間の登りであります。
 13時ちょっと過ぎ。

P1440467
■これは、山を後回し決めて通り過ぎた10時頃。

P1440559
■石間川に沿って、半根子、沢口、漆木、中郷耕地(集落)と続き、
 突き当たって沢戸、右に折れて半納であります。
 1時間ちょっとくらいで登れればとゆっくり進みます。

P1440565
■奥の山の中腹に沢戸耕地が見える場所。
 まだまだであります。

P1440567
■廃校になった旧石間小学校。
 まとまった平地の少ない谷あいに、びっくりするぐらい広い敷地と、
 立派な建物でありました。
 ここは今、資料館として使われております。
 入館には予約が必要と事前に調べていたので、
 素通りの予定でしたが、玄関ドアが開いているように見えたので、
 フラフラと近づいてみたのであります。

P1440568
■玄関。入館料300円。
 誰か入館された方がいて開いているのか、だとしたら、
 おまけで中に入れるかもしれないと考えたのでありますが、
 しかし、ここにきて小銭を切らしているのを思い出したのであります。
 万札ではご迷惑と思い、引き返しました。

P1440574
■正面に見上げる沢戸耕地。

P1440579
■迫力であります。
 山城のようでもあります。

P1440584
■とても大きな鳥居。
 このあたりから登りがきつくて、押したり乗ったりしながらであります。

P1440585
■それまでは、集落の人の生活の気配がありましたが、
 半納までの登りは、山道になりました。

P1440587
■登って、

P1440588
■視界が開け、先の沢戸耕地を見下ろす位置までくると、

P1440590
■半納耕地であります。
 写真ではわかりにくいですが、道路から家に上がる道の傾斜は、
 ほんとにすごくて、軽く目まいがしました。

P1440594
■半納耕地上部。

P1440596
■ここに自転車を置いて歩きました。

P1440597
■「堂の尾根」への登り。
 傾斜はありますが、一息であります。

P1440599
■おぉ、あれです。

P1440600
■おぉ、常夜灯に庚申塔もある。
 火の見やぐらは、思い描いていたイメージでは、
 もう少しひょろっとしていて、屋根が笠のようで、
 しかも少し傾いているのでありますが、がっちりしておりました。

P1440619
■『写真でみる秩父事件』から
 (品川栄嗣・井上光三郎 著 新人物往来社 1982 )

P1440602
■がっちりと。 

P1440603
■すごい場所にあるものであります。

P1440609
■やぐらの上には、ウーウーが設置されておりました。
 ここで、しばらく周囲を眺めていたのであります。
 下は半納耕地。

P1440606
■やぐらの上から見る横道耕地方面。
 以下は印象的な写真。

P1440623
■『秩父悲歌』 (清水武甲 春秋社 1971)
 今から約50年前ごろの写真だと思われます。
 万場と鬼石から上がってきた警官隊を奇襲したのは、
 先に見える民家のあたりでありますか。
 それは今から130年以上前。
 
P1440622
■「秩父悲歌」からもう一枚。
 ここでは「横道部落」と書かれています。手前の木の裏あたりが、
 堂の尾根の火の見やぐらでしょうか。
 以前、太田部峠に行ったときは、林道が出来たせいもあり、
 もう使われていない峠でありました。
 この撮影場所は、大田部峠より秩父側に下った場所からでありますか。

DSC_0123
■後は、あっというまに下って道の駅にもどり、野菜を買って、
 復元の丸井商店を眺めながら、山菜そばを頂きました。
 おいしかったです。