P1440096
■行司免遺跡。

3_03illust
■嵐山町のweb博物誌「丘陵人の叙事詩」から勝手に持ってきたイラスト。
 走った大体のラインと場所を赤字で追加しました。

 所有のガイドブックに載っていない古墳の有り無しや、
 その位置も含めた基本情報、見つけた古墳の同定情報などは、
 埼群古墳館 様より得ております。Powerd By であります。
----------------------------------------------------------------------------
P1440055
■西原古墳群6号墳?
 東松山市の北東端でほとんど嵐山の場所であります。
 嵐山町の寺山古墳群のエリアと言ってもいいくらい近接しております。

P1440056
■残っているかもしれない西原古墳群7号墳を探して、
 住宅地をウロウロしましたが、見つかりませんでした。
 ここは不思議に開発されていない一角。

P1440065
■国立女性教育会館。
 いままで敷地内に入ったのは数えるほどであります。

P1440061
■広い敷地で、段丘に建てられているので、眺めがよいのであります。

P1440066
■敷地内にある寺山1号墳。西側から。

P1440068
■南東側は藪がひどく、近づいてもはっきりしないのでありますが、
 こちら側からは高さを感じました。

P1440071
■それから、また山王古墳群に行って、
 「オオムラサキの森」下部に隣接する「蝶の里公園」。
 このまま車道を下れば、都幾川の桜堤であります。

P1440073
■冬枯れで見通しのいい、気持ちのいい公園を、
 自転車を押してテクテク歩き、

P1440075
■山王古墳群14号墳。
 写真ではよくわかりませんが、肉眼では高さがありました。
 この東側に13号墳があって、やはり肉眼ではわかるのでありますが、
 撮れた写真はただの笹薮にしか見えなかったので、省略しました。

P1440080
■14号墳の場所からすぐ、河岸段丘の傾斜がきつくなっております。
 先に見える田んぼに下り、右奥に見える尾根に回り込んで、
 石堂古墳群に行きました。

P1440082
■石堂古墳群1号墳。

P1440084
■石堂古墳群2号墳。

P1440083
■墳頂にある石は葺石だろうか。
 3号墳も肉眼ではわかりましたが、写真ではただの藪でありました。

P1440090
■石堂古墳群から戻る道。
 大平山がきれいに見えました。

P1440092
■橋をわたり、都幾川の右岸。
 いわゆる都幾川の桜堤であります。

P1440097
■行司免遺跡。
 ピラミッド型の鉄骨は井戸跡で、その隣に案内版。
 今は、飼料用?のトウモロコシ畑になっております。
 右奥の赤っぽい建物は、先の国立女性教育会館。

P1440099
■井戸跡。

P1440101
■案内板。
 乾いたふかふかの畑の土で、靴がすごいことになりました。
 その後、大蔵館跡から笛吹峠に向かう登り坂を500mほど上がって、
 
P1440108
■粟津ヶ原古墳7号墳。
 
P1440110
■裏から。
 粟津ヶ原古墳群はS34(1959)の時点では、
 小円墳が7基あったということでありますが、道路工事などで、
 今は2基だけ存在するということであります。
 羽黒塚と呼ばれていた古墳があったということなので、
 この7号墳はそうなのかもであります。うーむ。
 にしても、今まで単に気持ちがいいからと選んで走っていた道でありますが、
 また違った気分で走れて楽しいのでありました。