新しいスマホで撮った古墳の続きでもあります。

nagaoki_o32
■古墳群の東端にある32号墳は、墳長33m弱の小型の前方後円墳であります。
  出典:国土地理院 「USA-R511-No2-44」をトリミング。昭和24年(1949/1)撮影。

nagaoki32
■現在は、古墳公園として、復元整備されております。

DSC_0008
■後円部から前方部。
 小型とはいえ、前方後円墳という形は、モグリで作ったのでなければ、
 そこに何かしらの意味があるということでもあります。

DSC_0006
■前方部から後円部。
 高さにメリハリがないのだけれど、こういうものなのでありましょうか。
 太陽光パネルの先の木立は31号墳であります。
 31号墳は古墳群最大の50mの前方後円墳で、
 古墳群の東エリアの主墳と考えられていたということですが、
 円墳2基が隣接していただけというのを昇寛さんの記事で知りました。

DSC_0002
■案内板。