前記事、花園 うどんと古墳群 で巡った古墳群のひとつであります。

hanazono

kamiootuka
■拡大。
 江南台地の端でありますが、吉野川が流れ少し半島状になった立地。
 その半島状の先に「大塚」とあるので、ひょっとしたら以前は、
 もっと大きな古墳があったかしら。
 それとも、1号墳が径25m、高さ4mと「埼玉の古墳」にあるので、
 それが大塚なのか。
 円墳の大きさの規準は不明でありますが、
 個人的には径30m以上だと大きな円墳だと思っているので、
 径25mはまぁまぁ大きいという印象であります。
  塩野博(2004) 『埼玉の古墳:大里』 さきたま出版会.

P1430682
■上大塚2号墳。東西径15mの円墳。
 墳頂に板碑やらがたくさんあって目立つ古墳であります。
 この古墳があるせいで道をまっすぐ作れなかったと思われるくらいなので、
 とにかくすぐにわかりました。

P1430688
■上大塚1号墳。径25mの円墳。
 江南台地の端なので、北方面の見晴がすごいのであります。

P1430691
■確かに古墳の高さはあります。
 西隣の工場敷地造成なのか西側がばっさり削られております。

P1430692
■登ってみたところ。
 西側がばっさりで半円状ですが、北側もだいぶ削られているようです。

P1430708
■上大塚3号墳。南北径15mの円墳。
 林の中にひっそりとありました。