子供の頃に、TV放送の映画で見た記憶があるだけでありました。
ピンチになると、それまで静かだった石像が動きだし、
顔の前を腕が通ると、生々しい強面に変身し、
悪人をかたっぱしからやっつける、そんな印象であります。
最近、映画チャンネルで3部作をまとめてやっていたので、
録画して見たのでありますが、発見がありました。

P1430239
■静かな大魔神。
 これは全く武人埴輪でありますね。挂甲をつけた武人埴輪。
 胄は、脇立のついた衝角付胄で眉庇もある。

P1430256
■右2体を足して割ったようなというかであります。

P1430247
■祟りなんぞないと、頭部にタガネを打ち込むと血が!

P1430246
■謀反から逃れた兄妹が、巫女の支えによって10年隠れ住んだ石むろ。
 映画では「昔、神の住まわれたという言い伝えがある」とのことでしたが、
 これは装飾古墳の千金甲古墳(甲号)のようであります。