森林公園内の古墳群
森林公園内の古墳群探訪(1) 雰囲気編
森林公園内の古墳群探訪(2) 菖蒲沼古墳群

477f6561
 ・追山古墳群 14基
  補足:比較的大型の古墳を含む。

P1420344
■森林公園の北口。
 追山古墳群は、公園内で最も北にあるので、公園北口も近いのであります。
 比企北丘陵自体の北端でもありますので、
 この北口のちょい上は、群馬方向にすこし狭まった関東平野の、
 しかし広い平地の向こうに、赤城山や日光連山を見渡せる、
 気持ちのいい眺めの場所なのであります。

c93274f7
■赤斜線ぐらいのワイドビューであります。

P1420350
■して、13号墳。
 すぐ東側にサイクリングロードが通っておりますが、
 崖になっているので、自転車で通ってもよくわからないかもであります。
 最も北寄りの14号墳は、探す場所が悪くて見つけられませんでした。
 宿題であります。

P1420346
■13号墳から北東に50mほどにあるマウンド。
 それから、13号墳から北に20mほどの尾根上のピークにも、
 径が大き目の丸いマウンドのように思える箇所がありました。

P1420357
■たぶん11号墳。
 分布図では小さなピークの上に3連で並ぶ10、11、12号墳。
 3連だと分かりやすいかと思っておりましたが、
 現場では、藪がそれを難しくしているのでありました。
 ガサガサしても2つしか見つからない。

P1420355
■施設のため整地された場所にあるこのマウンドが12号墳だとすれば、
 一応、3連になるのでありますけれども。
 それにしても、このマウンドは不自然であります。

P1420359
■たぶん11号墳には、動物の穴が開いておりました。
 

P1420362
■先のが11号墳だとすれば、これは10号墳。

P1420363
■10号墳の南側は、傾斜がきついので、
 下から見ると、ぐいっと高さを感じる古墳だと思われます。

P1420367
■サイクリングロードのトンネルの上は遊歩道になっているので、
 それで谷を越えて進むのであります。

P1420368
■たぶん6号墳。
 探索の規準にしたかった9号墳は、見つからないのでありました。
 6号墳にも、墳丘の南北に、二つの動物の穴が開いておりいました。
 それがタヌキの穴だったとして、石室に通じているとすれば、
 石組みのしっかりした空間で、安心して暮らしているということなのだろうか?

P1420374
■たぶん6号墳から見た、左のたぶん8号墳と右奥のたぶん7号墳。

P1420375
■たぶん4号墳。この4号墳から9号墳については、
 別の機会にもう一度確認したいと思うのでありました。

P1420379
■2号墳。

P1420381
■1号墳。

P1420385
■3号墳。

P1420388
■5号墳。
 藪の群集墳の同定については、少し甘く考えておりました。
 反省であります。ここはもう一度見てみたいと思うのでありました。

 して、追山古墳群は、入り組んだ丘陵の小ピークの上にあるのでありますが、
 どうしてこんな作業の大変な場所に作ったのかしらというのが、
 感じたところであります。
 古墳時代後期の群集墳は、特に比企丘陵では、
 そういう形態が多いとは思うのでありますけれども。