それから広徳寺大御堂に行きました。

P1380508

■この重要文化財の裏手の茂みが、川島町広徳寺古墳。径20mの円墳。

P1380513
■墳頂を通って北側に回りこんだ眺め。

P1380498
■大御堂から南に200mも離れていない民家の庭先に見えるあれは、
 やっぱり古墳じゃろか。

P1380499
■近づいてみると、葺石かもと思われるものがコロコロしておりました。

P1380503
■同じ場所にある神社の社も低い円墳の上に建っているようにも見えるのです。
 ピンク本には、広徳寺古墳の周辺にあと3基の円墳があると書かれていて、
 「表古墳群」ということであります。

P1380519
■川島町富士浅間塚古墳。
 圏央道をくぐってすぐの三保谷宿地区の氷川神社の境内。
 もう1基あって三保谷宿古墳群ということであります。
 それは見当たらず。

P1380523
■ここを登れば富士山に登ったのと同じということであります。

P1380522
■南西方向から。右のもっこりがそうであります。
 左奥は荒川サイクリングロード。

P1380526
■東大塚古墳群のひとつ、川島町諏訪塚古墳。

P1380528
■社の建っている場所が古墳ということでありますが、堤防も迫っているし、
 言われなければ古墳とはわからないのでありました。

P1380527
■「鳥羽井河岸場跡」という案内板があるだけで、古墳の記述はなしであります。

P1380529
■少し離れた場所から。
 左の土手の上は、荒川サイクリングロードであります。

P1380535
■川島町大塚古墳。径36m以上の円墳ということなので、
 小さくはないのでありますが、やはり堤防と一体化しているしで、
 良くわからないのであります。

P1380530
■樹木が伐採され、すっきりはしているのであります。

P1380533
■自然堤防の様でもあります。
 うーみゅ。
 この古墳の石棺が先の移された「組み合わせ式(箱式)石棺」とのこと。
 .....つづく。