借りてきた本に興味深い記述がありました。
吉見の田甲原古墳群についてであります。
以下引用。

.......その多くの古墳は開墾などにより破壊され.......
.......現在「庚塚古墳」と称されている円墳一基と、古墳跡が二ヶ所確認されるだけである。
やむなく古墳を破壊した土地の人々は。祖霊の祟りを恐れ、「古墳合祀之碑」を建立し.......

表が「古墳合祀之碑」、裏が「大正九年十月十七日 長島甚助建之」ということであります。
古墳を壊すときには、やっぱりそういう気持ちがあったんだと知りました。
この石碑、今もありますでしょうか。
是非見てみたいのであります。
まったくどこにあるかわからないのでありますが、
吉見の字「田甲」をぐるぐる回ればでありましょうか?
うみゅ。