実は、江南サイクリングの楽しみだったラーメン「よか楼」が、

熊谷に移転してしまったのです。

そのうち食べに行きたいと思っておりましたが、今日行きました。

合わせて熊谷西部の古墳も見ようという計画であります。

c76b2213.jpg

■丘陵と奥武蔵の山並み。左の白いのは富士山。

699b1e26.jpg

■交差点で信号待ちしていたら、クラクションが鳴ったので見たら、

 そーいちろさんでありました。

 満面の笑みで手を振りましたが、マスクをしていたことに後で気が付きました。

 

cce49fc9.jpg

■観音山周辺。

 所有のガイドブックに載っていない古墳の有り無しや、

 その位置も含めた基本情報については、

 埼群古墳館 様より得ております。Powerd By であります。

----------------------------------------------------------------------------  

79b4e781.jpg

■風にまだ冷たさが残っておりますが、春でありますね。

 

5adaafe1.jpg

■大木1号墳(山王塚古墳)。径20mの円墳。

 以前からここのもっこりは見ていたのでありますが、

 富士講の塚だと思っておりました。

 

30d95c2c.jpg

■よか楼江南店は、看板も外されて、人の気配もなく、

 寂しい限りであります。

 

61c85709.jpg

■移転先の張り紙。

 星川通りの近く。もとに戻ったという感じであります。

 

3c19f430.jpg

■そういえば、昭和情緒のピンク「羽衣」も、跡形もありませんでした。

 時の流れを思いながら、先に進みます。

 

b345d41f.jpg

■「宮塚古墳通り」と名のついた道で新幹線をくぐると、

 すぐ左に案内板があります。ここから400mちょっと。

 

665b7182.jpg

■宮塚古墳(広瀬古墳群)と新幹線。

 重なって見える右奥に、広瀬古墳群第4号墳。

 写真を撮った立ち位置の右側にも、古墳らしき小さいこんもりがありました。

 

964430fe.jpg

■現地の案内板。

 

38e46b5b.jpg

■周辺を歩くと、数か所、葺石のようなものがまとまってありました。

 この後、新幹線の高架橋下を観音山方面へ。

 

d474e9b5.jpg

■熊谷市二子山古墳。全長55mの前方後円墳。

 自転車の置いてあるあたりから、大きく削られた狭い前方部に登りましたが、

 後円部と同じぐらいの高さがありました。

 

70d32849.jpg

■三ヶ尻の古い家並み。

 

b55f1dc2.jpg

■大きな古墳に見えてしまう観音山。

 

d7d3ca83.jpg

■上からの南側の眺め。

 

8c2cb46a.jpg

■やねや塚古墳。移築復元されたとのこと。

 

77ec473b.jpg

■案内板は残念なことになっておりました。

 

9d91a9a6.jpg

■広瀬古墳群第10号墳。径7.5mの方墳 。

 田んぼの中に浮島のようにありました。

 

f62048bb.jpg

■神社の境内にある広瀬古墳群第11号墳。径15mの円墳。

 

0d06196f.jpg

■石原古墳群おとうか山古墳。径27mの円墳 。

 だいぶ削られているのか、いびつな形でありました。

 右奥は熊谷工業高校。ラグビーが強かった記憶であります。

 高校生の時、こことは当たりたくないと思っておりました。うみゅ。

 

2c0081c9.jpg

■石原古墳群第14号墳。径20mの円墳。

 お寺の墓地内にあり、周囲も墳丘にもお墓だらけでありました。

 ころころしているのは葺石でありましょうか。

 

01d1b4c7.jpg

■中央に石原古墳群第1号墳。径18mの円墳。

 太平洋セメント熊谷寮と宅地に挟まれて、近づけないのでありました。

 

ef6f9c59.jpg

■石原古墳群第5号墳。墳長34mの前方後円墳。

 

9d7874e0.jpg

■移転したよか楼。

 また居ぬきなのかしら、一般的なラーメン屋さんの雰囲気ではなく、

 妙に空間の広い店内でありました。

 

a6575962.jpg

■海苔がないパターン。麺は平た目に戻っておりました。

 実際より色目の写りが悪いのであります。

 少し塩気を強く感じましたが、しっかりとした魚の香り。

 14時すぎでしたが、星2つでありました。

 開店したてを試してみたいのであります。

 ただ、自転車で気楽に来れなくなったのが残念。

 今までより片道5kmほど遠く走ればいいだけでありますが、

 熊谷方面に荒川を越えるのがなんとなく苦手なのであります。

 たぶん、丘陵を降りて遮るものが無くなった後、冷たい向かい風に、

 がっつり吹かれる記憶が多いからかなぁと思っております。

 今日もひどくはないけれど、向かい風でありました。

 帰りはその分、楽なことが多いのでありますが。うーみゅ。

 

86ab1a21.jpg

■帰り道、野原東古墳群1号墳に寄りました。

 多くが林内にある野原古墳群の中では、もっこり感がすばらしいのであります。

 

 

9cbedc46.jpg

■墳頂からの眺め。