古墳見たさにまた行ってきました。

69c8e5ac.jpg

■午後は雲が多くなりましたが、午前中は良く晴れておりました。

 冷たい強い西風で、のっけから涙を流して進むのでありました。

d8f7824c.jpg

■八高線の児玉駅近くに車をデポ。走行距離35km。

 左の3つは神川町の古墳。青線は先日のトラック。

 児玉町は美里町と一緒に回った方が効率がいいかもというのを勉強しました。

 ならば、神川町は藤岡とセットでありましょうか。

 して、児玉町は本庄市と合併して本庄市児玉町になっていたというのを、

 あとから別の地図を見ていた知りました。

 児玉町なのに児玉郡ではないというのは、名前的にわかりにくくはなかろうかと、

 いらぬ心配をするものであります。 

---------------------------------------------------------------------------

704c05a6.jpg

■最初は白岩古墳群。

 丘陵を背にした白岩神社の裏手に、全長46mの前方後円墳と、

 円墳が数基。

 写真の登り坂から丘頂に上がって、社を見下ろしながら、

 うろうろしておりましたが、良くわからなかったのであります。

 宿題。

 

c70a5a58.jpg

■平地にもっこりポコポコの青柳古墳群(南塚原支群)。

 奥が最大の円墳で。径40m。

 

 

dd09f673.jpg

■その大塚稲荷古墳。

 

3b8f0d6c.jpg

■その大塚稲荷古墳の墳頂。

 先の円墳のまた先に前方後円墳が見えるのだけれど、

 写真ではわかりにくい。

 

1a70ca37.jpg

■その前方後円墳。全長24.5m。

 ベタッと融けた感じでありました。

 して、ここで痺れたことがありました。 

 

592f3e6b.jpg

■今まさに調査中の円墳があったのであります。

 

1b7f4fa0.jpg

■丁寧な石積みであります。

 

0123f034.jpg

■反対側。周りを覆う葺石のみっちり感がとても良くわかる。

 よく崩れないで残っているものだと、感心しきりであります。

 これを見ると、やたらめったら古墳に登るのは、

 遠慮しようとちょっと思ったりもします。

 

6faeebbc.jpg

■右奥が調査中の円墳。そこからの葺石が積まれているのじゃろか。

 

7e3e16a7.jpg

■中新里諏訪山古墳。全長42m。

 先の青柳古墳群に含まれるということであります。

 

1b7d893b.jpg

■もっこり。

 

af8b62f6.jpg

■墳頂。

 神流川の緩やかな河岸段丘の上にあるので、

 眺めがすこぶる良いのであります。

 

7298bbd4.jpg

■次は鷺山古墳であります。グイッと真東に向かうのでありますが、

 適当な道がないので、民家を眺めながら、

 ジグザグに走るのでありました。

 

e93eb31b.jpg

■鷺山古墳。全長58mの前方後方墳。

 後円じゃなくて後方というのは、関東では古墳時代前期のものが、

 多いということであります。

 

2b2c09db.jpg

■古墳は藪で形は良くわからないものの、

 独立した小さい残丘の上にありますので、

 やっぱり眺めがすこぶる良いのであります。

 

61c7b241.jpg

■金鑚神社古墳。円墳で径67m。

 

5d6d1343.jpg

■社裏を登れば、大きさがわかるのであります。

 木立で眺めは遮られておりますが、

 相当遠くまで見渡せたはずの高さがあります。

 

7fd77a90.jpg

■広木大町古墳群。

 平地の耕作地によくぞ残った小さいポコポコ。

 

85cb760c.jpg

■そのうちの1つ。

 先日に回り損ねた古墳であります。

 かわいい両子塚古墳(矢印)が見えます。

 

439469c8.jpg

■秋山古墳群。

 ポコポコと見え始めました。

 

9980c0eb.jpg

■その中でも一際もっこり感が素晴らしい庚申塚古墳。径34m。

 

c60f5c2a.jpg

■石室が開口しております。

 

 

3c08222b.jpg

■墳頂からの眺めを十分楽しんだら、

 次は長沖・高柳古墳群であります。

 

20e13538.jpg

■宅地や農地の広いエリアで、神社の中にもポコッとしております。

 

42301629.jpg

■民家にもポコッと。

 

c6165987.jpg

■こっ、これは!

 

3ceb2b78.jpg

■ゴミ置き場のようになっておりますが、

 この、みっちりとした葺石はであります。

 

51c8b060.jpg

■小さい丘を乗りこす道には石だらけ。

 この石の出所はやっぱりそうなのでありましょうか。

 して、この後、ポコポコが止まらなくなりました。

 

65afbd72.jpg

■立っている場所も、その先にもポコポコ。

 

8c1bfb0f.jpg

■右も先もポコポコ。

 

17c8b8b4.jpg

■あれもこれもポコポコ。

 

bb3c1260.jpg

■あれもこれもあれもこれもポコポコ。

 そう言えば、霜柱が融けてグチャったこの道で、

 久しぶりに滑ってコケました。

 

0207abe0.jpg

■木が立っているあれもポコポコ。

 とてもとても楽しかったのでありました。