暑さのぶり返した土曜日の午後、ヘッドセットの入れ替え作業をしておりました。

ラグビーワールドカップの日本VSフランスを途中で挟んだりしながら。

後半、リズムが良くなって21-25と4点差になった時は、これはすごいことになるかもと、

落ち着かなくなりましたが、最後は力が尽きたのでありました。

 

f2016c35bcb130ac5b42d2e093f059e0

■交換前。

 このところ、この稀有なヘッドセットの合理的な組み合わせは、見れば見るほど、

 これがピッタリ似合っているように思ってきております。

 予備パーツとして、Deltaのスレッドロッキングナット(青色パーツ)を複数個と、

 ヘッドセットをキープしておけばそれでよいじゃろと思うのでありますが、指令が....。

 

27c03b30.jpg

■まんずグースネックを外して、ハンドルやワイヤーが邪魔にならないようにして、

 ヘッドパーツの上物をすべて外してフォークを抜いてと。

 

0a0662d9.jpg

■早速、新調したタコさんウインナーで、下ワンをたたき外し。

 

c976bd4e.jpg

■上ワンも外します。かっちり決まっていて気持ちがいいです。

 木槌で下から叩くのでありますが、慣れない角度での振りになるので、

 ヘッドワンリムーバーを保持している左手の人差し指の付け根を一発叩いてしまいました。

 「あうっ」と言ったきり、しばらく声が出ず。うーみゅ。

 

241d2d83.jpg

■つんつるてん。

 

214be374.jpg

■フォークはブレーキも外して、傷がつかないように養生して(自分のならしません)と。

 

375f6390.jpg

■下玉押しリムーバーという名前のマイナスドライバーで、

 コチコチコチコチと一ヶ所集中にならないように叩いて下玉押しを外します。

   

85938956.jpg

■フォークもつんつるてん。

 外したヘッドセットは安心の鉄ワン。実測重量は130g。

 付け戻すかもなので、クリーニングして痛みをチェックして保管であります。

 

5ec5b55e.jpg

■組み替えるのはTOKENのオーバーサイズのスレッドのヘッドセット。

 

d29dc123.jpg

■まんずチェックするのは、最上部のロッキングナットの突き抜けであります。

 中央のプラのシールドパーツを外しただけでOKだと手数が少なくて良しであります。

  

830c81ad.jpg

■加工無しで突き抜けOKを確認したので、ヘッドセット組み付け開始であります。

 

bc65354e.jpg

■下玉押しを叩いてセット。

 

d7243dc7.jpg

■TOKENのこのヘッドセットは、カートリッジベアリングなので、下玉押しというより、

 ハウジングというべきでありますか。割が入っているので難なくスポッと圧入できます。

 

3d87df5d.jpg

■グリスをしっかり塗ってから上下ワンの圧入。

 

2bf25761.jpg

■最後にグリスがムニュっとはみ出して圧入終了。

 このように圧入工具の大皿で受けられるワンなら クリスタルキング クリスキングも、

 OKじゃろか?

 

58eb2268.jpg

■ヘッドチューブとの段差がちっくりかっこ良いワンであります。

 

8d1f04cc.jpg

■アジャストナットまで組み込んで、玉あたりを軽く合わせてから、

 グースネックを差し込んで見ます。隙間が15mm。

 ここに、ロックナットとOリングを組み込んでもまだ足りない高さを、コラムスペーサーで、

 補おうという計画であります。

  

253e123f.jpg

■見積もり(15-(9+3))では スペーサーは約3mm必要でありますが、

 手持ちに無いのでヒラメの2mm×2個で組み込んでチェックであります。

   

23b0e392.jpg

■ムンギョーと締め合わせます。このヘッドセットは舌付き座金に舌が無かったので、

 なおさら丁寧にあたりを見ながら締め合わせでありました。

 ※写真はイメージ

 

536b0836.jpg

■組み付け終了。

 

3ea161c9.jpg

■Oリングを入れて、グースネックをセット。

 1mmの差はゴムのOリングに無理させておりますので、ムニュッとはみ出し気味。

 念のためポチットしていた3mmのスペーサーが届いたら、交換であります。

 

c94f1557.jpg

■ブレーキも元に戻して組み換え終了。使ってみて様子見であります。

 前回の記事