Airnimal(エアニマル)

http://www.airnimalfoldingbikes.com

ミニベロ雑誌で見かけてから気になっていたAirnimal。

24インチ(ETRTO 520)の折り畳み自転車。

しかし、Airnimalというのは、AirとAnimalをくっつけた造語なのじゃろか?

それとも後半はMinimalなのじゃろか?

「動物の本能のような」とか、「機能に徹した必要最小限のような」的な感覚なのじゃろか?

.....それは置いておいて。

もしも、この自転車を手に入れたら、バッグ類はどうしようとか、

手持ちのパーツは使えるだろかとか、タイヤやチューブの調達は無理がないかとか、

つまり、自分の使い方に合っているのか? 

そんなことを、いろいろ調べて、いろいろ妄想して、頭が一杯になったので、

自分が気にするポイントを少しづつ、整理していこうと思ったのであります。

 

※以下の画像はすべて海外サイトから

c92b4dac.jpg

■Chameleon(カメレオン)

 Airnimalと言えば「これ」というフレームであります。画像はより走りに振ったパーツ構成。

 すごく走りそうな雰囲気があります。アルミのメインフレームにカーボンフォーク。

 

c2853383.jpg

■Joey(ジョイ)

 LOROでジョイという名前でありましたが、「e」は? みたいなところが少し気になります....。

 アルミのメインフレームにダボ付クロモリフォーク。

 自分の用途だとこのフレームかなぁとぼんやりイメージしております。

 太目のタイヤも履けますし。

    

688385df.jpg

■Joeyのフレームキット。リアエンドが135mm。

 あるUSのサイトで約700米ドル。送料80米ドル。これ、いいなぁ。

 24インチのホイールの準備や、ワイヤーの取り回しのチェックなんかを考えると、

 とりあえず完成車を買ってというのが、現実的だとは思います。すぐ乗れるし。

 でも、フレームキットというのは、自分でがんばって作るという楽しみがありますね。

 

9ae0c79a.jpg

■Chameleonのフレームキットもあります。約1260米ドル。