451のミニベロ

ミニベロで、雨の心配のない日の自転車通勤や、週末のサイクリングを楽しんでいます。
それから、雪のシーズンには山でテレマークスキーをしたりもしていましたが、このところは古墳めぐりが大好きになりました。
※ 2008年11月 に「OCNブログ人」で始めたブログですが、そのサービス終了のため 2014年10月 こちらに移ってきました。

451のタイヤ IRCロードライトEX (2)

 タイヤ IRCロードライトEX ブラックサイド
 サイズ WO 20×1 1/8  ( 28-451 )
 最大圧 100PSI
 重さ 実測 245g

 t322

 t422
ブラックサイドは、私のストックを見る限り、全てMade in Chinaです。
 スキンサイドに比べて40g重いですが、その分、丈夫だと思います。
 上の画像はセンターがグレーです。


451のタイヤ IRCロードライトEX (1)

 タイヤ IRCロードライトEX スキンサイド
 サイズ WO 20×1 1/8  ( 28-451 )
 最大圧 100PSI
  重さ 実測 205g

 t1
このラベルのスキンサイドは、私のストックを見る限り、全てMade in Koreaです。

 サイドの痛みは比較して早いのですが、軽さが気に入って愛用しています。

 


 t2
このラベルのスキンサイドは、私のストックを見る限り、Made in Japanです。

 保存状態がいいのか、日本製だからか、スキン部分はしっとりしていて、丈夫そうです。

 ヤスリ目やセンターリブの仕様は、他のロードライトと同じです。 

 このタイプは、もったいなくて使っていませんが、きっと性能もいいはずです。


関戸橋フリーマーケット

古い記事ですみません。

2008/10/18、初めて関戸橋のフリーマーケットに行ってきました。

福生に車をデポして、多摩川CRを関戸橋までの往復です。

10時過ぎに、現場に着きました。人と自転車がたくさんで驚きましたが、

天気も良くて、のんびり楽しくすごせました。古いパーツに詳しくないので、

手を出せるものはほとんどないのですが、何も買わないのも寂しいので、

ステムをゲットしました。キレイなのに安かったと思います。

そこここに転がっている先達の自転車を観察するのはとても勉強になりますので、

次回また行きたいと思います。

 s1

 s2

s5

キレイに磨かれたステムに写り込んでいるのは休憩中のカミさんです。

 

s6

車に戻る途中の多摩川CRで 


ドロヨケ・自作 アダプター

私のミニベロは、WO 20×1 3/8のタイヤサイズ前提でフレームを作ってもらったので、

きっちり適合するのは、本所の「H30 R275 20インチ1-3/8 半円 W40 D20」になります。

今のところ、日常的に使用しているタイヤは、より細く、外周の小さな1-1/8なので、

ドロヨケとタイヤの隙間がかなり「スカスカ」になってしまいます。

1-1/8タイヤがキレイに収まるドロヨケは、「H35 R244  20インチ1-1/8 半円 W35 D15」で、

H30 より、より細く、浅く、径の小さめなものになります。

ただ、フレームには適合しません。取り付けるためには何らかのアダプターが必要です。

そこでホームセンターで売っているネジや金具をいろいろ試した結果、

画像の具合に収まりました。パネルを留めるための真鍮の筒金具に5mmネジを切って、

イモネジでつないで取り付けています。

この状態で2000km以上は走りましたが、緩んだりはしていないので大丈夫なようです。

 jd4

 jd3

 jd2

 jd1

ドロヨケ分割金具

アルプス・タイプのドロヨケ分割金具です。

長さ90mm、幅13mm、厚み2mm強、3つの穴のうちひとつにネジが切ってあります。

ひとつ20gと少し重めですが、少々のことでは曲がらないしっかり感があります。

とても合理的で無駄がありません。

私がこの金具を知ったときは、既にアルプスが閉店した後でした。

知識も、バックグランドも少ない私にとって、この部品を探すのは大変でしたが、

先日、期待して立ち寄った東上野のお店で「あるよ」って言われたときは、

本当にうれしかったです。予備も含めて数本購入しました。

 d1

最新コメント
記事検索
アクセス数
  • 累計:

livedoor プロフィール
天気
  • ライブドアブログ