451のミニベロ

ミニベロで、雨の心配のない日の自転車通勤や、週末のサイクリングを楽しんでいます。
それから、雪のシーズンには山でテレマークスキーをしたりもしていましたが、このところは古墳めぐりが大好きになりました。
※ 2008年11月 に「OCNブログ人」で始めたブログですが、そのサービス終了のため 2014年10月 こちらに移ってきました。

太田部古墳群 塚山へのアプローチ

古墳の本「さいたま古墳めぐり」の完遂でありますが、
秩父の荒川沿いの古墳は見て回ったので、
残っているのは神流川系の塚山の太田部古墳群だけであります。
 ※児玉の普門寺古墳群白岩古墳群については見に行ったものの、
  その群の墳丘を一つも視認できていないので、
  これも見ておかなくちゃでありますけれども。


P1450027
■して塚山に行くには、今まで当たり前に神流湖側から、
 太田部耕地(集落)経由で行くものとそう思っておりました。
 ただこのところ、西秩父の地図をグリグリ見ておりましたので、
 土坂峠から往復もどうなのじゃろと考えていたのであります。

tuka
■旧土坂峠というのか本土坂峠というのか、とにかく、
 そこから波線をたどり、978峰から尾根伝いに907峰を経由して、
 塚山に出るルートであります。
 古墳群と塚山神社跡は、山頂の北東側すぐの高原状の場所にあるので、
 塚山山頂に至れれば、古墳群を探すのも難しくない。

 となれば、塚山を目指した先達登山者の山行記録が参考になると、
 探し始めたら、確かに歩いた記録がいくつか見つかりました。
 これ、とても参考になります。
 まさに土坂峠から塚山のピストンの記録もありましたし、
 もちろん太田部集落から塚山のピストンもありますし、
 山頂から、978峰の西にある849峰のさらに西のテレビ中継塔の、
 舗装された作業道を使って、塚山から万場方面に抜ける、
 縦走の記録もありました。
 して、それらを見ていたら、
 978峰は竹ノ茅山(たけのかややま)というのを知りました。

th
■塚山を東側から。byGoogle。
 (1)は、太田部集落からのダイレクト
 (2)は、土坂峠から竹ノ茅山を越えて塚山
 (3)は、テレビ中継塔から竹ノ茅山の北面を巻いて塚山。

tn
■塚山を西側から。byGoogle。
 (2)の土坂峠からが、標高差が少なく、
 車を使ってのアプローチに無理がなく、効率が良いと思うのであります。
 それは古墳群で時間をたっぷり使えるということであります。
 (3)のテレビ中継塔経由は、ところどころ展望が良さそうだし、
 シカの食害で数は減らしているとのことですが、
 カタクリの自生地「大場平」があるので、それも楽しむことができる。
 それだと、3月でありますか。

 少しづつ緑が濃くなっていくこれからの季節、
 藪の古墳めぐりはいまいちになりますので、
 来年、カタクリが咲く頃なのか、とにかく冬枯れの時期に、
 行ってみようと思うのでありました。
 例えば、土坂峠北側に車を置いて、竹ノ茅山経由で塚山に行き、
 古墳群を見た後は、竹ノ茅山の北面を巻いてテレビ中継塔を経由して、
 そこから土坂峠に戻る、そんなルートであります。
 

再び、城峯山南麓 (3)

P1440842
■日野沢川沿い、秩父華厳の滝に向かう途中の左手にある、
 櫓みたいなものはなんでありましょうか。
 大前耕地を通り、大前山から破風山へ至る登山道の入口、
 いわゆる秩父華厳の滝登山口であります。

P1440845
■少し下流の石垣が残る中世の阿左美氏館との関係があるのかしら。

P1440848
■秩父華厳の滝。
 計画では、この先から奈良尾耕地までゼーハーであがり、
 平坦に作られた奈良尾と門平の連絡道を通って、
 上から門平を眺めてみたいというものでありました。

jyo3
■それは569の尾根を巻く道であります(右上の赤矢印)。
 それから神社(右上から2番目の赤矢印)を見て、門平に出る前に、
 もしかしたら谷越しに耕地の全景が見れればという計画であります。
 ただそれまでの無慈悲なアップダウンに少しやられておりましたし、
 そのせいなのか、今日はなんだか、もともと、朝から、実は、
 体調が万全ではないかもしれないなどと考え始めておりましたので、
 帰る方向の匂いがする小前に向かったのであります。

P1440849
■小前入口のバス停の前に座って、
 お茶を飲みながら、地図を見て、しばらくもじもじしておりました。
 バス停の場所は、以下の地図の青矢印であります。

jyo3
■机上の計画は、
 門平の後は、バス停の小前入口から登り、小前とは逆方向の、
 579を目指してさらに登るというものでした。
 それから立沢に行って、そこからダイレクト(左下の赤矢印)。
 実際は登りの一番少ない、小前に上がってから降りるの道でありました。
 
P1440851
■小前耕地。

P1440892
■もう少し左手からでした。
 『秩父悲歌』 (清水武甲 春秋社 1971)

P1440854
■小前耕地の中心部。
 傾斜のせいか、他の耕地に比べ、比較的ゆったりとした印象があります。
 でも耕地の端からは、やっぱり急な下り坂で、そこを慎重に下りて、

P1440858
■阿熊川沿いに戻り、

P1440859
■下吉田に降りてきたのであります。

再び、城峯山南麓 (2)

P1440808
■沢辺から重木耕地に向けて登り始め。発祥の地であります。
 基本は自転車で通り抜けられる道を選んでいましたが、
 ここは往復でも見たかったのです。

P1440811
■写真よりもっと薄暗いと感じた沢筋の比較的まっすぐな道。
 やっぱり、乗るより押しているほうが多いのでありますが、
 きついなぁと思ったら勾配18%でありました。
 ただこの先、集落の手前で、勾配はさらに増すのであります。

P1440816
■そこをゼーハーで登り切る直前。
 左下に見えるのは旧道でありましょうか。
 このあたり勾配24%の箇所もありました。

P1440817
■登り切って上から見下ろすの図。
 ここまでくれば、重木耕地はもう一息であります。

P1440823
■耕地の入口。

P1440830
■重木耕地。

P1440824
■耕地間を結ぶ生活道の案内板。

P1440875
■上の案内板の位置は、赤矢印のあたりだと思われます。
 『秩父悲歌』 (清水武甲 春秋社 1971)

P1440827
■耕地を抜けて、藤原に向かう道。

P1440834
■耕地を抜けて小松方面。
 この道幅は、荷馬が行き交いよく踏まれていた時から、
 変わっていないと思われるのであります。
 畑仕事をしていたおばあさんと少し立ち話をして、
 「それで、どこに行く?」と聞かれて、「門平」って言ったら、
 「小松から行ける」って言うので、そこはすごく歩いてみたいのだけれど、
 「自転車だから、いったん下まで降りてから行く」って、そんな話をしました。
 それから、石ころに乗り上げたら前転してしまうと感じる下り坂を、
 ブレーキ握りしめて下りたのであります。
 ...つづく。

再び、城峯山南麓 (1)

いくつか見たいものがあり、また行ったのであります。
P1440794
■狭い谷あいにまとまって開けた耕地がある大神。

jyo2
■赤線。
 破風山の周囲を反時計まわりに。
 門平の周辺もグリグリ走る計画で、それは後半の楽しみでありましたが、
 前半でおなかが一杯になって、はしょったのでありました。

sigekiA
■高松への登りも、重木への登りもゼーハーになりました。
-------------------------------------------------------------------------------------------

P1440749
■赤平川に沿って、下り基調で走りだして、

P1440754
先日の国神の大イチョウにも寄ってからは、
 日野沢川に沿いに、いくつかの耕地を目指すであります。

P1440759
■高松への登り。
 乗るより押しているほうが多いのでありますが、
 押すのが重いと感じる、勾配18%の箇所もありました。

P1440766
■やっとのこと段丘の上に上がった感じで高松に着きました。
 
P1440771
■ちょっと進んだ先から。

P1440777
■そこからは蓑山と皆野の町が見えました。

P1440780
■地図で高松から大神に向かう尾根越えの道にあった案内板には、
 進む先に高松と書いてあったので、たった今、通ってきた集落は、
 高松ではないのでありますか。ここは不明なところであります。
 して石仏群がすぐそこと書いてありますので、自転車を置いて、
 歩いて見に行ったのであります。

P1440782
■歩き出したらすぐ、右上に石が見えました。

P1440788
■石仏群。ここは峠であります。
 右から歩いて上ってきたのでありますが、左には大神に向かって下りる道。
 真ん中に登っている道は、どこまで続くのかはわからないですが、
 地図上で598.2の三角点ピークから伸びる尾根であります。
 このちょっと右上によく公園とかにある柵が見えたので上がってみました。

P1440785
■これ。
 壇状であります。

P1440786
■少し奥から。

P1440784
■壇の上からは、蓑山と皆野の町、右奥に武甲山が見えました。
 東南の方向で、月を眺めた場所でありましょうか。
 展望を楽しんだら、自転車に戻り、ちょっと下ったら大神であります。

P1440796
■狭い谷あいに、傾斜の緩いまとまった平地が広がっていて、
 すごいと思うのであります。

P1440799
■耕地の周囲には防護柵が。

P1440800
■日野沢川に下りる道で、谷筋の若浜が見下ろせました。

P1440805
■下った先は日野沢川でありますが、この下りは勾配20%でした。

P1440806
■下りてきて若浜。
 ...つづく。

城峯山 山頂

秩父華厳の滝から奈良尾峠に向かうであります。

P1440683
■奈良尾耕地。
 右に小松耕地への車道分岐。

P1440684
■自転車を押すのもきつい上り坂を進み、

P1440685
■あの上の道に行くには、そろそろ左につづら折れるのかしらなどと、
 思いながら押し歩きしていたら、

P1440686
■このハングした、道にカブっているすごい岩を見て、
 曲りどころを間違えたのにやっと気が付きました。
 この先は旧道で登山道であります。
 正しい分岐まで引き返しました。

P1440695
■その上の道からの奈良尾耕地。

P1440697
■奈良尾耕地を過ぎれば、山頂までは集落はなく、
 日も陰ってちょっとさみしい道をひたすら登るだけであります。

P1440699
■空が広くなったと感じてくれば、ほどなく奈良尾峠。

P1440700
■峠を過ぎて、やっと上州側が見えました。

P1440702
■爽やかな高度感がある道を進み、

P1440703
■城峯山の山頂電波塔がやっと見えた場所。

P1440704
■この先は太田部峠方向ですが、通行不止めでありました。
 太田部峠から石間に下りる道で、上から横道耕地を眺めるのが、
 城峯山に登るよりも後半のメインイベントのつもりでいたので、
 そこは残念でありますが、次回であります。
 ここから城峯山の南面に回り込んで神社に行きました。

P1440709
■城峯神社参道。
 この手前に自転車をデポして歩きはじめました。

P1440712
■城峯神社。

P1440718
■神社の左手から山頂への登山道が上がっております。

P1440719
■こんな道や、

P1440722
■こんな道を登りつめて、

P1440723
■電波塔が見えれば、山頂であります。

P1440724
■一等三角点の城峯山山頂。
 電波塔中段が展望台になっておりますので、もちろん上がりました。

P1440731
■連なる山、山、山であります。
 中央左に両神山。その右手前はパックリ割れてる二子山。
 左下に見えている集落は半納耕地と沢戸耕地でありましょうか。

P1440733
■西上州、スーパー林道のスカイライン。

P1440734
■神流湖方面。

P1440735
■秩父市街方面。中央は武甲山。

P1440736
■その拡大。
 暑い日でしたが、山頂に吹く風はやっぱりちょっと冷たくて、
 少し寒さを感じました。

P1440739
■しばらく展望を楽しんだら、来た道を下りるであります。

P1440740
■神社の上まで下りてきました。

P1440741
■石間峠までは戻らずに下りるであります。

P1440742
■ちょっと下りた所から見上げた山頂の電波塔。
 この下りは斜度がある上に、落石がザラザラしてる箇所もあって、
 ハードであります。
 ブレーキを持つ手が疲れるので、時々休みながら、
 しかしあっと言う間に下りたのであります。
 横道耕地を上から見るのは、また、別のルートでトライしてみようと、
 そう思いながらの帰り道でありました。

最新コメント
記事検索
アクセス数
  • 累計:

livedoor プロフィール
天気
  • ライブドアブログ