451のミニベロ

ミニベロで、雨の心配のない日の自転車通勤や、週末のサイクリングを楽しんでいます。
それから、雪のシーズンには山でテレマークスキーをしたりもしていましたが、このところは古墳めぐりが大好きになりました。
※ 2008年11月 に「OCNブログ人」で始めたブログですが、そのサービス終了のため 2014年10月 こちらに移ってきました。

角を丸めてみつろう塗って

P1430521
■昨日から、紙やすりだけで「こしこしこしこし」して、
 角が取れたので、みつろうを塗りこみました。

P1430527
■ブルックスの革サドルにするのと同じように、
 まず手のひらに塗りたくって温めてから、ぐいぐいっと、
 摩擦で手のひらが熱くなるまで塗りこみました。
 サドルに比べれば面積が広いので、ちょっと疲れました。
 明日、布でこすってみて足りないようだったら、また塗りこんででありますか。
 うみゅ。

ちゃぶ台を作る

ミニテーブルと言ったほうがいいのかもである。

P1430519
■あらかじめ買っておいた鉄の折り畳み足4本と、
 頼んでいたケヤキの集成材が届いたので、いよいよ作るのである。
 集成材のサイズは450mm×700mmで厚みが20mm。
 痛くないように角など丸めて、やすりをかけて、
 みつろうワックスを塗りこんでである。

 折り畳み足の高さは24cm。
 仮組してみたらちょっと低い感じがしたので、
 ネットでいろいろ見てみたのでありますが、
 かつては24cmは一般的だったようで、まぁそれならである。

 それにしても、ネットでちゃぶ台を検索していると、
 ついやっぱり星一徹のあの絵が見たくなって、
 「ちゃぶ台返し」でいろいろ見ていたら、迫力の絵がありました。

10032797951
■これはすごい。

古墳公園

先日、TVのチャンネルを回していたら、面白そうな映画だったので、
途中からだったのですが録画して見たのであります。
きっついお見合いのシーンのあたりから。
映画は、「箱入り息子の恋」(2013)。

P1430509
P1430506P1430515
■映画は面白かったですが、ほかに気になったことがありまして、
 主人公たちがちょくちょくデートした公園に丘のようなものがあって、
 それはどう見ても古墳に見えたのであります。
 100m超の前方後円墳のような。
 初めてのキスは、後円部墳頂の石室材のようなベンチに座ってであります。

 ネットでロケ地とか調べたら、確かになるほどでありました。
 神奈川県平塚市にある真土大塚山公園というところで、
 今は消滅してしまっている真土大塚山古墳の墳丘が復元された公園。

sub3-16-otukayamakofun-021
■冬でしょうか、草のないすっきりした状態。
 画像はこの方から勝手に持ってきてしまいました。
 また、平塚市博物館の記事ではS35当時の写真を見れました。
 砂丘に作られた珍しい古墳とのことでありますが、
 調査が不十分で分からなことが多いようであります。

0c123474
■相模ということで手持ちの本にも記述がありました。
 相模として三角縁神獣鏡を出土した唯一の古墳ということであります。
 本の中では、前方後方墳として扱われている図もあるのですが、
 関東では三角縁神獣鏡を出土した前方後方墳はないとのことなので、
 初期の前方後円墳だった可能性も捨てきれないとのことであります。
 うみゅ。

ポッター読みました

P1430504
■今更ながら、ハリーポッター読みました。
 面白くて、特に後半の不死鳥からは2度読みました。うみゅ。
 当時に家の本棚にあったのは知っておりましたが、
 まったく読んでいなかったのであります。
 映画版で好きな場面の一つに、問い詰められたクリーチャーが、
 「マンダゥンガス......マンダゥンガス・フレチャー」と答える場面がありますが、
 原作では、そのからみの前後にもっと深い話があるのを知りました。

羽黒山古墳

曇りの日曜日の午後、散歩に出たのであります。
いくつかある自分の散歩コースの中では、
ハードな部類のコースであります。

DSC_1149
■市街地を抜けて、松山城跡に西から登るのであります。
 比高40m弱でありますが、ちょっとした低山歩きの雰囲気であります。
 空堀と曲輪がいくつもあって複雑な地形でありますが、
 遊歩道というのか小道がついているので迷わず歩けるのであります。

DSC_1139
■登り切った所に本曲輪。

DSC_1140
■ここからは、東松山の市街地が一望であります。
 西から登った城跡を東に抜けて、その後、羽黒神社の階段を上るために、
 いったん丘陵を降りるのであります。

DSC_1155
■羽黒神社。
 ここは吉見丘陵の南端であります。
 右に大きな欅を仰いでから階段のぼりであります。

DSC_1161
■約200段ある階段の途中から。

DSC_1166
■数年前に改築された社殿は、まだピカピカの印象であります。

DSC_1175
■羽黒山古墳。径20m強の円墳。
 羽黒神社から東に伸びる丘陵の尾根を、
 蜘蛛の巣を払いながら藪を分け行った先でありますので、
 相当に近づかないと判別できない状況であります。

DSC_1178
■それから百穴を見て、

DSC_1181
■巌窟ホテルを見ての帰り道であります。
最新コメント
記事検索
アクセス数
  • 累計:

livedoor プロフィール
天気
  • ライブドアブログ